上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.21 三行決定
日本の裁判制度は,三審制が採られています。
そのため地方裁判所を第一審として起された裁判の判決に不服がある場合,控訴審としての
高等裁判所,更に上告審としての最高裁判所の判断を仰ぐことができるようになっています。

ただ,最高裁判所は,日本に1つしかなく,裁判官は15人しかいません。
もし,最高裁判所に上がってくる全ての事件をまともに審理していたら,
とてもじゃないですが,日本の司法制度は立ち行かなくなります。
そのため,民事訴訟法では,上告理由を憲法解釈の誤り等に厳しく制限する一方,
別途最高裁判所の裁量で受理するかどうかを決める上告受理申立を認めています。

もっとも,最高裁判所が上告に理由があると認めたり,上告受理申立を受理
したりすることは,なかなかありません。

最高裁判所が適法な上告理由がないと判断したり,上告受理申立を受理しない場合は,
「判決」ではなく,「決定」という形式で通知します。
これが定型文による極めて簡素な文章のため,「三行決定」などと呼ばれています
(実際は三行以上ありますが。。)。
ある最高裁裁判官経験者の方によると,最高裁に上がってきた事件の9割以上が
三行決定で処理されているそうです。

私も,この三行決定を受け取ったことがありますが,本当に悔しいものです。
最高裁に至るまでに既に数年裁判をやっていることもありますし,上告提起や
上告受理申立をしてから決定が出るまでに更に何年もかかることもあり,
三行決定を受け取るまでの間に事件への思い入れが強くなっているので,
悔しいのは当然です。
その最後の最後で突きつけられるのが,木を鼻でくくったような三行決定なのですから,
余計に悔しさが増すわけです。

そして,我々代理人以上に,依頼者さんの悔しさは途方もないものだと思います。
最高裁の決定が出てしまうと,もはや争うことができなくなるわけですから・・・。

依頼者さんにとっては,悔しさもさることながら,ちゃんと理由書等を検討した上で
なされた判断なのか疑いを抱くことも多いようです。

勿論,最高裁の事務処理量が膨大なのは理解していますが,国民にとって最後の砦なので,
もう少し何とかならないかなあと思うときもあります。


スポンサーサイト
平成25年も,そろそろ終わりに近づいて参りました。
明日が仕事収めで,大型連休に入る方も多いのではないでしょうか?

こういう年の瀬が押し迫った慌しい時期には,どういうわけか和解が進みます。

今年も12月に入ってから,訴訟上の和解が2件,訴訟外の和解が3件ほど進み,
その内2件が既に解決しており,残りの3件についても現在話し合いで解決を模索している
最中です。

和解は,白黒をハッキリさせず,お互いがある程度譲歩した上で解決
するものですから,当事者双方に多少なりとも不満の残る場合も少なくありません。

しかしながら,それでも,弁護士の多くは和解での解決を模索することが多いです。
理由は色々ありますが,①金銭請求事件での回収可能性が高いこと,②判決では
実現できないような利益を得ることができること,③トラブルの波及を防止できる
可能性があること等が大きな理由だと思います。

①についてですが,たとえ判決で被告に対する多額の金銭的請求権が認められた
としても,被告に財産がない場合や財産がどこにあるか皆目検討もつかないような場合,
現在の日本の制度では,実際に回収することが難しいです。
また,たとえ財産が分かったとしても,強制執行には時間と費用がかかる場合があります。
しかし,被告自らが和解で約束したような場合,約束どおりに支払をしてくれることが多く,
回収を受けられる可能性が高まります。

②についてですが,たとえば,相手方に謝罪を求めたり,二度と連絡を取ったりし
ないことを約束させたりすることは,一部の例外を除き,判決を取っても実現することが
困難な場合が多いです。
しかし,和解であれば,そのような条項を入れることが可能です(それに強制力があるかは
別問題ですが。)。
また,金銭請求事件で,一括で支払う資力がない場合でも,和解であれば分割弁済にしてもらう
ことができる場合があります。

③についてですが,たとえば,離婚訴訟等で判決を取り,離婚そのものについては,
白黒ハッキリと解決できたとしても,負けてしまった相手方が納得せず,その後も
様々な付随的問題に発展することがあります。
しかし,当事者双方納得した上で和解で解決すれば,そのようなリスクを減らすことが
できます。
また,②でも述べたとおり,今後接触したり,連絡を取ったりしないこと,あるいは
誹謗中傷をしないこと,双方とも口外しないこと等を約束させることができる場合も
あります。

このように,和解には様々なメリットがあるのですが,当事者には一定の譲歩を迫るもの
ですから,当然のことながら,「はい,分かりました。」と簡単に納得できるはずもありません。
そのため,弁護士からみて和解をするメリットが大きいと考える場合は,相当時間を
かけて丁寧に依頼者さんを説得することになります。
裁判官は,簡単に「先生,頑張って説得してください。」とか言いますが,
なかなかどうして,一筋縄でいくものではありません。

そういう難しさのある和解ですが,年末が迫ってくると,面倒な問題は取りあえず
年内で終わらせてしまい,スッキリした気分で新年を迎えたいという気分になるのかもしれませんね。
依頼者さんにとってベターな解決に向けて,今年ももう少し頑張ろうと思います☆


ここ最近,司法修習同期の弁護士に,お仕事を紹介したり,逆に紹介されたり
することが多くなってきました。

たとえば,友人・知人等から事件を頼まれたり,紹介されたりしても,
依頼者本人が遠方に住んでいる場合ですとか,利益相反等で受任する
ことに問題がある場合には,残念ながらお断りすることになりますが,
大抵の場合は「では,別の弁護士を紹介してください。」ということになります。

弁護士の数が大幅に増えたとはいえ,まだまだ弁護士の知り合いがいる人の方が
圧倒的少数派ですし,だからといって,全く知らない弁護士に頼むのもどんな人か
分からず怖い・・・
そのため,これだけインターネットが発達した現在でも,「紹介」という古典的な
依頼ルートが根強い人気(?)を誇っているようです。

私の司法修習期である現行62期は,全体で約260人しかいませんでしたし,
その中でも,弁護士として実働しているのはもっと少ないですが,
それでも様々な地域,様々な分野で活躍している弁護士がいます。

人数が少ない分連帯意識も強く,約半数が友人・知人ですし,残りの約半数も
友人の友人・知人という関係なので,およそ誰が,どこで,主にどういう案件を
取り扱っているかということだけでなく,どういう人物かも分かります。
そのため,こちらとしても,自信をもってご紹介ができるのです。

我々も弁護士5年目に入り,大方の案件の処理ができるようになりました
(勿論,まだまだですけど。。)。
実務のことなどほとんど分からず,不安だらけだった弁護士登録から約4年3か月。
いつの間にやら同期に安心して事件を紹介できるようになったんだな~と感慨深く思うと共に,
頼もしい同期が沢山いることを改めて認識して,心強く思いました♪


追記:だからといって,紹介目的でご連絡いただいても,対応できかねますので,
ご承知おきを^_^;


先日,さる筋からご紹介いただいた方の法律相談をお受けしました。

事務所のドアを開けて入ってきたその方と挨拶をしたとき,お互い「アレッ??」
という感じになりました。
どこかでお会いしたことがある気がしたのですが,それはその相談者さんも一緒のよう。

法律相談の支度をしながら,「うーん,どこでお会いしたんだろう??」と
考えてみたのですが,多分どこかで法律相談をした方だろうという程度しか思い出せません。
そこで,「どこかでお会いしたことありますよね??」と聞いてみたところ,
2か月ほど前に,某所で私から法律相談を受けたとのこと。
それを聞いて,そのときの記憶が一気に甦りました。

どうりで,紹介者の方から事案の概要を聞いたときに,やけにデジャ・ヴュ感が
あったわけです^_^;

しかし,某所で私の担当に当たる確率はかなり低いはずですし,
紹介される弁護士が私である可能性も,前者ほどではないにせよ結構低い確率のはず。
なので,その双方が一致する確率は極めて低いはずです。
私も相談者さんも,不思議なご縁に深く感銘を受けた次第です。

でも,こういうことがあると,一つ一つの法律相談を,これまで以上に丁寧に
やらないといけないなと思います。
先の私の相談がグダグダだったり,いい加減だたっりしたら,せっかく再会できても,
気まずい空気が流れるだけですからね・・・・。

弁護士登録5年目ともなると,良くも悪くも法律相談に慣れてしまっているので,
今回の出来事でいい意味での緊張感が生まれて良かったです!



弊事務所では,比較的近所(概ね30分以内で行ける所)にお住まいで,
事務所までお越しいただくのが困難な方(高齢者や障害者等)について,
出張相談を実施しています(今後,もう少し出張地域を広げようと考えて
いますが,いきなり広げると大変になりそうなので,様子を見ているところです。)。

今日は,比較的近所の御宅まで歩いて出張相談に行きました。
お宅の玄関を開けたところ,可愛らしいワンコが飛び出して,じゃれて愛想を
振りまいてきました。
その様子があまりにも可愛かったので抱き上げたところ,いきなり相談者の悲鳴がっ!?(・_・;?

抱き上げた瞬間,ワンちゃんが興奮のためか(?)粗相をしてしてしまったようで,
気がつくと,私のスーツやコートが大変なことになっていました・・・(ToT)
いきなり手痛いお出迎えを受けてしまいました。。

後で,相談者のご親族で飼い主の方に聞いたところによると,件のワンちゃん(♀)
男の人が大好きで,興奮してしまうそうです。。
法律相談中も膝の上に飛び乗って来たりするなど,いいようにあしらわれてしまいました。。
モテモテで嬉しいです・・・(T_T)

思いもよらないハプニングが起きる出張法律相談,
これからは,どんな珍騒動が待ち受けているのでしょうか?
続編に乞うご期待!!
(あるかどうか分からないですが・・・。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。