上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝,W杯でのサッカー日本代表の予選敗退が決まったようですね。
朝,出勤中にすれ違う人々の顔が,どことなくうつむき加減だったのが,
おかしくも悲しかったです。
また,次回のW杯は頑張って欲しいですね。

さて,ここいらで,気の利いた(素人)サッカー評論の一つでもぶちたいところですが,
相変わらず自宅にTVがなく,日本代表の戦いを全く観ることなく終わったため(・・・),
何も書けません。。

ただ,今回の日本代表は,非常に前評判が高かったと思います。
過去最高との評価も多く目にしましたし,実際ヨーロッパ等で活躍されている選手も多く,
メンツは揃っていたのかと思います(よく知らないけど。。)。
それでも,その「実力」を出し切れずに終わった(と思われている)日本代表。

いつも思うのですが,真の「実力」というのは,本番でそれを発揮できる力を持っている
ことだと思います。
面白いもので,人間の力というのは,常に100%の状態を維持し続けることが
できません。
ですから,本番に自分の実力をピークに持って行き,かつそれを発揮できる能力が
不可欠になります。

私は,司法試験を長年にわたって受験していましたが,その間に,素晴らしい実力
を持っていながら,試験に合格することなく受験を諦めた沢山の方々と出会いました。
そのような方々の中には,私なんぞよりも,学歴,基礎学力,模試等の成績,本番での
平均的な成績等々全てが上回っている人も大勢いました。

最初は,どうしてなんだろうと不思議に思いましたが,しばらくすると,そういう人達に
共通する要素が見えてくるようになりました。
以下,いくつか挙げてみます。

1 本番直前に本気で勉強をするタイプ

試験なんだから,直前に勉強するのは当たり前と思われるかもしれませんが,
司法試験は,凄まじいまでの体力と集中力が必要とされる試験です。
本番直前に勉強し過ぎて,電池切れになってしまい,本番で思わぬミスを
したり,体調を崩したりして,実力を発揮できず,散っていく方が多いと思いました。
生真面目で神経症的気質の持ち主が多いようです。

本番に力を発揮するには,本番前に適度な休息を取り,体力・気力を
回復しておくことが重要だと思いました。

このタイプの方は,試験会場でも真剣に勉強する傾向がありますが,
これも同じような理由で,本番で力を発揮できないことにつながることが
多いと思います。

2 模試をガチで受験するタイプ

たしかに,模試は,本番を疑似体験できる重要な機会ですし,
模試で良い点を取ると,自信になり,精神的安定が得られます。
一方で,良い点を取ろうとするあまり,模試に向けて真剣に勉強をして,
模試に実力のピークを持って来てしまったが故に,本番でピークを
過ぎ,実力を発揮できない人が多いように思えました。

模試は,本番で試せないことを試す(問題の解く順序,時間配分等)場と
割り切り,失敗をしっかりと本番にフィードバックすることが大切だと思います。

3 本番前に迷いに入るタイプ

本番前に,自分のやってきたことに自信が持てず,本番近くになって,
新しい勉強法を試してみたり,新しい本を購入したり,新しい講義を
聴いたりしてしまうタイプ。
本番前の模試等で結果がイマイチだと,ついつい自分の勉強法が
誤っていたのではないかと思い込み,新しい何かにすがりたくなったりします。
実際は,そんなに短期間に新しい何かを消化することなどできず,
折角培った実力が,本番までに低下することになってしまいます。

4 本番直前に精神的に追い込むタイプ

自分を精神的に追い込むことは,集中力を生みだすことにもつながりますが,
本番が近づいているのに,更に追い込んでしまうと,普通の人は精神的に参ってしまいます。
本番前に眠れない,本番前に食事がのどを通らないという人は,非常に多かった印象です。
本番が近づくと,開き直りというか,良い意味でのいい加減さが必要なようですね。


以上のタイプをみると,どれも生真面目な性格の人が陥りやすいもののようです。
そして,これは,試験だけではなく,スポーツにもあてはまるのではないかと思います。

どうも,日本人は,「結果」そのもの以上に,そこに至る「過程」を重視する傾向
にあるようです(修行?)。
ところが,本番に実力のピークを持って行き,それを発揮するためのノウハウって
ほとんど蓄積されていないんじゃないかと思います。

日本人は,大舞台に弱いとか,本番で実力を発揮できないとか,昔から言われていますが,
その理由は,そんな「過程」重視の傾向にあるんじゃないかと思っています。
生真面目さは,日本人の美徳とは思いますが,もうちょっと肩の力を抜いても
いいのかな~と思います。
何より,本番で実力発揮できるようになると,本番迎えるのが楽しいですからね。

団体競技のサッカーには直接あてはまらないかもしれませんが,
次回のW杯では,日本代表が実力を発揮できることを心から願っています♪

スポンサーサイト
平成25年度の司法試験での予備試験組の強さが話題になっています。

司法試験2049人合格=予備試験組、合格率は7割

全体の合格率が約26.8%,ロースクール別の合格率が一番高い慶応大学ローでも56.8%
の中で,71.9%の合格率。

これでは,ギレン・ザビでなくとも,

「圧倒的じゃないか」

と思わず言いたくなりますね。。


弁護士業界で年々進むこの就職難の中,予備試験組の若手は,大手ビジネス系事務所から
引く手あまただそうです。
多分若手でなくとも,相当なセールスポイントになっていると思われます。

今年の最年少合格者は,若干20歳。
おそらく,大学2年時に予備試験に合格し,大学3年で司法試験に合格したはずなので,
掛け値なしの秀才であることは明らかです。

予備試験出身者が,新たなエリート層を形成しつつあるようです。

↓ランキング用バナーですので,クリックにご協力お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
昨日,平成24年度の司法試験の合格発表がありました。

私は,数年前に司法試験に合格した後,司法修習に行くまでの半年ほどの間,
母校の明治大学と某大学で司法試験の受験指導をしていました。

明治大学では,法制研究所と呼ばれる昔からの受験団体があり,
その受験団体の指導員として,明治大学の学生,OB等を相手に,
ゼミを開いたり,講義をしたり,質問に答えたりしていました。
寝る間を惜しんでゼミの準備をしたり,答案の採点をしたりしたことを
昨日のように覚えています。

そして,そのときのゼミでの教え子2人(当時まだ大学生)が今年受験していました。

当時のゼミ生さん達のほとんどがここ2~3年で合格していたので,
「教え子」と呼べるのは,もうその2人くらいしか残っていません。
そのため,昨日は昼頃から落ち着かない状態で連絡を待っていたところ,
夕方の発表から間もなく,1人からは合格の知らせが来ました!!
彼は,去年涙を飲み,今年捲土重来を期しての挑戦だったので,本当に良かったです。
1年間本当に良く頑張ったと思います。

もう1人からは,今朝になって,残念ながら不合格の知らせがありました。
もっとも,彼は,今年ロースクールを卒業後初挑戦だったので,
来年はきっとやってくれると信じています。
長い人生,1年の違いなど大した問題ではありません。
是非気持ちを切替えて頑張ってもらいたいです!

約半年間の短い受験指導の間に,本当に沢山の良い出会いがありました。
色々大変ではありましたが,指導員をやって本当に良かったと思います。
彼が合格したら,今まで合格したゼミ生さんを集めて,祝賀会兼同窓会を
開きたいと思っています!
指導員時代の夢があと少しで実現しそうです!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。