上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近,吉本の芸人「次長課長」の河本さんの母親の生活保護受給問題が
芸能界のみならず,政界まで巻き込んで,大いに話題になっているようです。

事実関係にはハッキリしない点もあり,ここでは,河本さんの行為について
踏み込んで語ることはしません。

ただ,結局,この問題は,生活保護の審査の際に,親族の扶養義務を
どこまで考慮するかという問題なのではないかと思っています。

法律上,直系血族(親子や祖父母と孫等),兄弟姉妹には互いに扶養義務が
あるとされており(民法877条1項),特別の事情があるときは,
三親等以内の親族間(叔父叔母あるいは伯父伯母と甥姪の間)でも
扶養義務を負うことがあります(同条2項)。

扶養を必要とする者(子供,病人,高齢者等)がいるのに,
扶養義務を負う者が扶養してくれない場合,家庭裁判所に調停や審判を
申し立てるなどして,扶養を請求することができます。

つまり,法律上は,病気で親が働けない場合,子供に養ってくれるよう求める
ことができるわけです(勿論,その場合子供の資力も問題になりますが。)。
ですから,子供が母親を養うのに十分な収入があるのであれば,
母親は子供に生活費を請求すればいいのですから,河本さんの事例では,
母親は,(河本さんのブレイク後には)本来生活保護を受けることができなかったか,
少なくとも,支給額の一部は削られたはずなのです。

ところが,現実的には,上記の扶養請求調停や審判は,あまり使われるもの
ではありません。
また,審判で扶養義務が認められたにもかかわらず,扶養義務者に扶養する意思が
全くなく,支払ってこないこともよくあります。
更にいうと,DV等の問題があり,扶養請求すること自体が現実的に難しいこともあります。

ですから,生活保護の審査の現場では,同居していない親族がいたとしても,
扶養する意思がないことを簡単に確認するだけに留めているようです。
そもそも,河本さんのように有名人ならいざしらず,本当にその親族に扶養能力
(収入や財産)があるのかどうかを調べることは,公的機関とはいえ普通は困難なことです。


今回の問題で,生活保護の申請者に,親族に対する扶養請求を義務付け,
それでも扶養が実現されない場合に限って生活保護を支給するという考えも
あるようですが,実際には,扶養調停や審判にはかなりの時間がかかりますので,
なかなか難しい部分もあります。
また,調停がまとまったりや審判が下りたもかかわらず,支払ってこない場合に,
どうするのかという問題もあります。
この場合に,強制執行まで求めることはおよそ現実的ではありません。

税金は有限なので,不正受給はもちろんのこと,国民に不公平感を与えるような
生活保護の支給は徹底的に減らしてほしいですが,一方で,あまりに支給のハードルを
上げてしまうと,本当に必要としている人が保護を受けられないおそれもあります。
今後,色々と試行錯誤が必要なところでしょう。

今回の問題は,普段あまり考えられてこなかった問題点に光を当てたという
意味で,非常にいい機会だったのではないかと思っています。
これをきっかけに,より適正な生活保護の支給が実現されればと思います。
スポンサーサイト
2012.05.26 申立ラッシュ
ここしばらく,色々な申立を立て続けにしています。

ここ1週間ほどだけでも,訴訟が2件,家事調停が1件,
家事審判が1件,明渡強制執行が1件ありました。

いずれも,内容的に難しいというものではないのですが,
裁判所に申し立てる場合,訴状や申立書,各種添付書類,
証拠などをそろえて,裁判所提出用,相手方に送る副本,自分ための控え,
依頼者に送る写し等を作成しなければなりません。
そのため,膨大な量のコピー作業や印鑑(弁護士の職印)・スタンプを
押す作業にかなりの時間を費やします。

このように申立の準備は,結構面倒なのですが,裁判所に申立を
受け付けてもらい,事件の配属部や事件番号が決まると,ある種の
達成感があります。

勿論,事件は,申立をして終わりではなくて,普通はそこがスタートラインですから,
達成感に酔いしれている余裕はありません。
すぐに,我に返り,その事件の今後の展開を想像して,期待と不安で胸が一杯
になるわけですが(笑)
2012.05.25 女性の依頼者
今日,事務所で受けている事件の一覧を眺めていて気付いたのですが,
依頼者の約半数が女性でした!

前にいた事務所での依頼者の8割方が男性だったことを考えると,
開業してからのユニーク・ポイントとなっているようです。

前の事務所では,企業の依頼者様もそれなりに多かったため,
どうしても男性に偏りがちだったせいもあるかと思いますが,
女性弁護士ならいざ知らず,男性弁護士の依頼者の半分が女性というのは
結構珍しいのではないかと思います。

理由がどこにあるかサッパリ見当もつきませんので,単なる偶然かと思いますが,
「女性でも安心して相談できる法律事務所」をウリにしていこうかな~などと
考えてしまいました(笑)。

というわけで,女性の方も,何かお困りのことがありましたら,
遠慮なく当事務所までご連絡下さい!!
弁護士等の法律家が書面を作成することを「起案」といいます。

「起案」という言葉は,一般的には,草案を起草する際などに使われますが,
法曹界では,誰が使い始めたのかは存じませんが,
書面作成一般のことを「起案」と呼んでいるようです。

日本の弁護士は,長短,難易を問わず,日々大量の書面を作成していますので,
弁護士は,一日の仕事の多くを「起案」に割かれることになります。

しかしながら,平日の日中は,裁判所に行ったり,法律相談をしたり,
打ち合わせをしたり,電話をかけたりで,なかなかまとまった
時間を取ることができないのが現実です。。
そのため,多くの弁護士は,夜や土日休日などを「起案」の時間
に充てています(トホホ)。

もっとも,今日の午後は,珍しく外出予定や来客がなく,電話もあまり
鳴らないため,落ち着いて「起案」の時間に充てることができています♪

ただ,油断していると,何か起こるのがこの仕事の常でして・・・

あっ,電話鳴ってる(汗)
2012.05.22 金環日食
昨日は,金環日食でしたが,皆さんは,ご覧になりましたか??

私は,昨日が金環日食だったということは知っていたのですが,
朝一で出張に出かける予定だったため,見るのは諦めていました。
当然のことながら,サングラスも買っていませんでした。

ところが,朝出かける際に,ふと空を見上げたら,分厚い雨雲が少し
薄くなり,リングのようなものがハッキリと見えました!!

急いでいたので,ゆっくりとは観察できませんでしたし,
時間が金環日食のジャストタイムから数分遅れていたため,
完全な金環日食ではありませんでしたが,何か得した気分でした♪

先日も,夕暮れ後,たまたま表参道を歩いていたら,月に向かって
携帯カメラを向けている人の傍を通りかかったため,
偶然「スーパームーン」(地球との距離が最も近づいた満月だそうです。)
を目にすることができました。

何だか,最近,人生に影響を与えないようなことでツイてる山田でした(笑)。
「被疑者」という言葉は,一般の人にはあまり聞きなれない言葉かと
思いますが,要するに,捜査機関から犯罪の嫌疑をかけられて捜査の
対象になってはいるけれども,未だ起訴されていない人のことをいいます。

マスコミ報道などでは,「容疑者」と呼ばれているので,そちらの方が
通りがいいかもしれませんね。

起訴されて裁判にかけられた後は当然のことながら,被疑者の段階でも
弁護士に依頼することはできます。
また,平成18年に「被疑者国選制度」が始まり,一定以上の重い刑罰が
定められている犯罪の嫌疑をかけられている被疑者については,
被疑者の段階でも国選弁護人を依頼することができるようになりました。

被疑者の段階の弁護活動としては,被害者がいる事件については,
謝罪をしたり,被害者の方と交渉して示談を試みたり,軽微な事件については,
起訴されないよう検察官に働きかけたりなど色々とあります。
また,身体拘束を受けている被疑者については,最終的な処分が決まるまで
厳しい時間制限がありますので,被疑者の弁護を受けると色々と忙しくなります。

そんな中でも,一番重要なのは,被疑者に会いに行くことだと思っています。

被疑者の方の中には,それまで警察に捕まったことがなく,捕まった後
どうなるのか分からずに不安になっている人も多いですし,
接見禁止がついて家族などと一切会えない人もいます。
そうでなくとも,10日以上も警察署の留置施設から出られない状態が続くと,
多くの人は体や精神に何らかの不調を訴えるようになるものです。
そういった状態で警察官から厳しい取調べを受けると,冷静な判断能力を失い,
やっていないことをやったと言ってしまう人などが出てくるのです。

また,身柄拘束中は,捕まった本人だけではなく,家族の方々も
大きな不安を抱えることになります。
弁護士と違い,一般の方々は,面会時間にも厳しい制限がありますし,
平日の昼間しか接見が許されないため,仕事を持っている人は,
そんなに頻繁に会いに行くこともできません。
ましてや,接見禁止がついて,本人と会えないとなると,本人が
どういう状況なのか知る術もなくなります。

更に,警察官や検察官は,被疑者の捜査状況について,弁護士に
話したがらないものです(中には,親切に話してくれる方もいますが。)。
そのため,捜査がどこまで進んでいて,今後どのような展開になるのかを
推測するためには,被疑者に取り調べの状況を確認することが大切になってきます。

そんなわけで,私は,被害者のいる・いない,否認事件・認め事件,
事案の重大・軽微,私選・国選等を区別せず,なるべく接見に行くようにしています。

実際,あまりに頻繁に接見に来るので,警察署の留置施設内でちょっとした
有名人(?)になったことも度々あります(笑)。

勿論,ただ接見に行くだけではダメですし,接見にあまり行かずとも
有効な弁護活動をされている先生方もいらっしゃると思います。
ただ,「とりあえず,何はともあれ接見!」というのが自分の被疑者弁護の
スタイルと思っていますので,これからもできる限り接見に行こうと思います。

カンボジア国籍を取得した芸人の猫ひろしさんがオリンピックに出場できない
ことになったようですね。

猫さんに限らず,オリンピック出場のために(あるいは,自国のオリンピックの
成績をあげるために),国籍を変更することの是非は世界的に問題となっているようで,
猫さんについても世論は賛否両論(「否」の意見の方が若干多いかな??)です。
ですが,ここでは,そのこと自体の是非について論じるつもりはありません。

もっとも,猫さんが昨年10月にカンボジア国籍を取得したにもかかわらず,
今年の3月に改正された国際陸連(IAAF)の規定により,
オリンピック出場ができなくなったことについては少々思うところがあります。

皆さんは,「刑罰法規不遡及の原則」というのをご存知でしょうか。

簡単にいうと,人は,ある行為をした時点の法律でその行為が犯罪と
されておらず,刑罰が定められていなかった場合は,たとえ,行為後の
法律によりその行為が犯罪とされ,刑罰の対象となったとしても,その行為
により刑罰を受けることはないという近代法の大原則でして,
日本国憲法でも39条にそのことが定められています。

具体例でいうと,たとえば,Aさんが大麻取締法のできる前に大麻を使用
したとして,その後に大麻取締法ができて,大麻の使用が処罰されるようになった
としても,Aさんは,大麻使用について処罰されることはないというようなことです。

もし,この大原則がないとすると,人は,何が許された行為で,何が許されない行為
なのかをその場その場で判断することができず,怖くて何もできなくなってしまいます。



さて,今回の猫さんについて考えてみると,猫さんの国籍変更の時点の規定に基づくと,
オリンピック出場に(少なくとも規定の上では)障害はなかったわけで,
猫さんとしてみれば,

「そんな風に規定の改正がされること知っていたら,わざわざカンボジアに国籍変更なんて
しなかったよ~(泣)。」

と言いたいところだと思います。

このように,オリンピックに出場できると信じて,本番に向け調整を続けてきた選手に
とってはあまりにも残酷なルールの改正に思えます。
IAAFとしては,こんな本番直前になって,規定を改正するのではなく,もっと余裕を
もって改正するか,ロンドン五輪後に改正をするべきだったのではないでしょうか。
開業をきっかけに青色申告にすることにしたので、経理ソフトの
「弥生の青色申告」(体験版)を使ってみました。

今日は、朝早くから1月分の経理処理をしていたのですが、
このソフト物凄く使いやすいです!
簿記の知識皆無だったんですが、基本的なものについては、
パキパキと仕訳できます!!

ただ、預り金や立替金の処理、保証金の償却、
事業主貸・借、売掛金の発生時期、細かい経費の科目等で
戸惑ったり、混乱したりすることもしばし(汗)
一度、税理士さんのアドバイスが必要かもしれません。

税理士さんに限らず、分からないことがあるときは、
その道の専門家の意見を聞くことが重要だと思います。

というわけで、法的なことでよく分からないことが
あるときは、是非鎌倉法律事務所にご連絡ください!

って、やっぱりそういうオチか(^^;;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。