上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.31 証人尋問て?
最近,民事の証人尋問が立て続けに入り,猛烈に忙しい状態が
続いています。
そのため,ブログの更新も,ややサボリ気味になってしまってます(恐縮)。
このままだと,お盆にお休みも取れなさそうな感じです。。

民事の証人尋問の準備は,本当に大変で,多分訴訟にまつわる弁護士の
仕事で一番大変ところではないではないでしょうか。
それが,2件・3件同時に入ってしまうと,他の仕事ができなくなるくらい
てんてこ舞いの状態になってしまいます。。


さて,皆さんは,「証人尋問」と聞いて,どういうイメージをお持ちしょうか??

弁護士間で異議が飛び交い,弁護士の鋭い追及の前に,証人が膝から崩れ落ちて,
泣き出し,滔々と隠されていた真実を語り始める・・・

法曹界とは無縁の友人に聞くと,大体こんなイメージのようです。

ですが,ハッキリ言ってTVの観過ぎです。
そんなことは絶対にあり得ません。


証人尋問(あるいは,本人尋問)は,主尋問と反対尋問に分かれています。

主尋問は,依頼者本人や依頼者の味方となっている証人の尋問ですから,
当然ですが,事前に十分な準備(証人テスト)を重ねて本番に臨みますので,
主尋問で本人や証人が崩れるということは,通常はあり得ません。
ですから,聞いていても,あまり面白くありません。
逆に言うと,ここで多少なりとも崩れてしまった場合,訴訟の見通しは
お先真っ暗となってしまいます。

一方,反対尋問は,相手方や相手方の味方に対する尋問ですので,
事前の準備(証人テスト)が普通はできないわけですから,
証人にとっても,尋問者である弁護士にとっても,何が起こるか分からない,
ある意味スリリングな部分があります。
聞いていて面白いのもこっちです。
反対尋問の難しさや面白さについては,また次回にでも書こうと思います。

ですが,証人尋問で勝敗が決することって,実はあまりありません。
裁判官の事実認定は,まず動かない事実や争いのない事実から固めていき,
事実関係について争いのある部分については,客観的な証拠から認定しようと
します。

ですから,本人や証人が尋問でどんなに迫真の供述をしたとしても,動かない事実
や客観的証拠と整合しないと,信用性がないといってあっさりと切り捨てられてしまいます。
これは,人間は基本的に嘘をつく動物ですし,嘘をつかないまでも,記憶が曖昧になることは
避けられないので,やむを得ないことではあります。

じゃあ,証人尋問なんてやる意味ないじゃない!?

という声が聞こえてきそうですが,そういうわけでもありません。

それまで,どんなに筋が通った主張をして,立派な客観的証拠がある場合でも,
証人尋問で訳の分からないことを言ったり,それまでの主張や証拠と
矛盾することを平気で言ったりしたために,それまでの優位な流れがひっくり
返ることもあります(反対尋問が功を奏したケース)。

また,契約に至る経緯や,契約書に書かれていないような細かい約束事について,
当事者の言い分が食い違う場合に,裁判所が証人尋問から心証を取ることもあります
(証人尋問が訴訟の勝敗に影響を与えるようなケース)。

ただ,私がやった訴訟で,証人尋問が勝敗に影響を与えたのって,
多分1つか2つ程度です。
その意味では,お互い崩されないようにしっかりと守る
というところに証人尋問の消極的な意味があるのかもしれませんね。
スポンサーサイト

「被害届3回、警察が受理せず」自殺中2の父親

大津のいじめ自殺の事件に関連し,父親が提出しようとした被害届を
警察が3回も受け付けなかったことが大きな批判を浴びているようです。

ここで,被害届の提出とは,捜査機関に対して,犯罪による被害を申告することをいい,
刑罰権の発動を求める「告訴」や「告発」とは似て非なるものです。
両者の大きな違いは,告訴・告発の場合,捜査機関は捜査を開始して,
検察官に事件を送致することが義務付けられますが,被害届の提出
の場合,必ずしも捜査を開始することが義務付けられていないことにあります,

実は,被害届にしろ,告訴・告発にしろ,関係各法規の規定には,
受理の拒否を予定した定めがないことから,
警察はこれを拒否する権限はないとされています。

ところが,実際には,被害届や告訴・告発が拒否されたという話は
枚挙にいとまがありません。
私も,よく法律相談で,
「被害届の受理を拒否されたんだが,どうすればいいですか。」
といった類の相談を受けることがあります。

こういった場合に,警察がどういう内部処理をしているかといいますと,
大抵は,
「事情を聴取し,見込みを説明したところ,本人から被害届(あるいは,告訴状・告発状)
の提出を見合わせるとの申出があり,これを提出することなく帰っていった。」
ということになっていると思います。
つまり,拒否や不受理ではなく,不提出という扱いになっているのです。

ただ,対応した警察官があれこれ言って,提出させないようにして,
お引取り願うという実態は,拒否にほかなりません。

昨年(平成23年)12月に長崎で起きたストーカー殺人事件でも,
事件の少し前に,習志野警察署が慰安旅行のため,被害届を受理しなかったことにより,
事件が起きてしまったと強い非難を浴びました。

実際には,警察の現場の方や検察官に話を聞くと,そのような
実質不受理の取り扱いをするのにもやむを得ない事情がなくはないのだという
ことが分かりますが,そのことについてはまた機会を改めましょう。



実は,頑なに被害届や告訴状・告発状の受理を拒んでいる捜査機関に対して,
強引に受理させる裏技(??)というのもなくはないのですが,
本当にそれをやってしまったら,捜査機関との関係が悪化するのは確実なので,
私自身はやったことはありませんし,関係各所にご迷惑をおかけするかもしれ
ませんので,書くことは控えさせていただきます。
14日(土曜日)に,地元大船で中学時代の同窓会がありました。

各種SNSから呼びかけがスタートして,口コミで参加者が拡大し,
最終的には70人(!!)も集まる大盛況でした。
我々の学年は全部で350人程度でしたので,実に約5分の一が集まった
ことになります(スゲエ~)。

一部を除いて,中学卒業以来25年ぶりに会う人がほとんどでしたが,
やはり10代前半の多感な時期を一緒に過ごしただけあって,
会えばすぐに,当時と同じように接することができました。

皆さん,人間性の基本ラインに大きな変化はないような気がしましたが,
やはり25年の歳月により,それぞれ大きな成長を遂げ,深みを増していました。

外見については,当時と全然変わらない人もいれば,誰だかさっぱり
分からない人もいて,ほとんど「私は誰でしょう?」クイズ状態でした(笑)。
総じて,男性陣にあまり変化がなく,女性陣に著しい変化を感じました
(勿論,プラスの意味ですよ!)。

また,現在同じ中学校に戻っている当時の担任の先生方お2人が(1人は教頭先生!)
サプライズゲストとして登場して,会場が大いに盛り上がりました。

地元に戻り,独立開業して,すぐにこういう機会にめぐり合えたのには,
何だか運命的なものを感じてしまいます。
まだ地元や地元近辺に住んでいる人も沢山いたので,
できれば,これをきっかけとして,頻繁に会えるようになったら嬉しいですね。
今後は,こういう機会を,できるだけ大切にしていこうと強く思いました。
「弁護士のお仕事」のカテゴリからは微妙に外れますが,
「弁護士ってこんな生き物なんですよ~。」ということをお伝えしようと
思い,新しく「弁護士の生態」というカテゴリを作りましたー。

今回は,その第1回です。

*********************************

私が一番行くことの多い横浜地裁では,裁判期日の始まる10分前くらい
になると,エレベーターの前に人だかりができます。
中には,裁判傍聴に来た一般の方,事件の関係者,裁判所の職員,
司法修習生,法律事務所の事務員,司法記者の方々もいますが,
その多くは弁護士です(多分)。

そういうときにエレベーターに乗った際,いつも気になっているのですが,
エレベーターでのマナーがなってない人が結構目に付くのです。
たとえば,よく見かける光景を挙げると・・・・

①人が後から乗ってくるのに,真ん中に居座って奥につめない
(しかも,押されてムッとしている)
②操作盤の前に立っているのに,人が乗り込んでいる最中にも
かかわらず,「開」ボタンを押そうとしない
(人が挟まれても,ノーリアクションな人もいる)
③人が乗り込もうとしているのに,「閉」ボタンを押す
(期日に遅れてそうな人に多し)
④途中階で止まったとき,入り口付近で立ち尽くし,降りる人の
邪魔をしている
(声かけられても,最小限の移動しかせず,一旦外に出るのを妙に
厭う人もいる)
⑤降りるとき,前に人が立っているのに,「降ります。」とも言わず,
突き飛ばすようにして下りる
(④の人と,仁義なき戦いを繰り広げていることも,たまにあり)

などなど。


こういうのって,普通に会社に就職して働いている人は,
当たり前のマナーとして身に着けていると思うのですが,
どうも我が業界(特に,年配の弁護士)には,こういう基本的な
所作のなっていない人が多いような気がします(客観的資料に基づくわけでは
なく,単なる主観的な感想です。念のため。)。

やはり,弁護士は,独立開業した後は,たとえ小さくても一国一城の主。
周囲からは「先生」と呼ばれ,絶対的君主として君臨してしまうため,
周りの人への気配りができなくなってしまう人が多いのではないかと思います。

私も,十分に気をつけていこうと思います。


ちなみに,私は,今日,後から乗り込んできた全然知らんオバちゃんから,
いきなり「6階!」と言われてしまいました・・・・。

心の中で,「オレは,エレガじゃねぇ!!!!」と突っ込みを入れたのは,
ここだけの話です。
2012.07.04 初冷房
今日は,暑いですねーーー。。

私は,子供のころから冷房器具(扇風機を除く)がない家に育ち,
あまり冷房が好きではありません。
また,当事務所は,窓が沢山取り付けられているため,窓を
全開にすると,かなり風通しがよいです。
そのため,昨今の節電の要請もあって,今日まで
冷房をつけずにきました。

しかし,今日の暑さでは全く仕事をする気にならず,もはや限界(汗)。

ということで,初めてエアコンをつけてみました♪

ただ,普段から冷房慣れしていないので,おそるおそる「ドライ」
モードで運転しています。

これからは,お客様がいらっしゃるときは,暑い中お越しいただいても
快適に過ごせるよう,事務所内を冷やしてお待ちしております♬

(普段の執務の際は,やっぱり控えめにしますが。。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。