上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日,下記リンクのニュースに接して,熱くこみ上げてくるものがありました。
こんな思いは,本当に久しぶりです。

非嫡出子相続差別:最高裁「合憲」見直しか 大法廷に回付

現在の日本の民法では,非嫡出子(結婚していない男女間の子)の相続分は,
嫡出子の相続分の2分の1とされています(900条4号但書)。
つまり,1200万円の相続財産があり,子が2人が相続人の場合は,
通常であれば,それぞれが600万円ずつを相続するはずですが,
子2人が嫡出子1人と非嫡出子1人の場合,嫡出子800万円,非嫡出子400万円
の相続となってしまうわけです。

ちょっと考えただけでも,ひどい差別だと思いますし,かつて高裁レベルでは
憲法14条1項違反として,この条文を違憲とする決定が出ていたのですが,
平成7年7月5日の最高裁大法廷決定は,合理的理由のない差別とはいえないとして
合憲の判断を下しました。

最高裁大法廷決定(PDF)

当時,私は,大学を卒業して間もなく,司法試験の勉強を本格的に開始したころだったので,
この判例は非常に印象に残っています。
たしか,受験予備校が出す判例速報で決定全文を読んだのですが,正直怒り心頭に発する
という感じで,読み終わらない内にワナワナと震えてきてしまいました。
昨日,数年ぶりに読み返して,当時ほどでないにせよ,やっぱり腹立ちました。

上記リンク先の決定全文の5頁から6頁の下線部分が判断部分となりますが,
ものすご~く簡単に説明すると・・・

日本は,婚姻に届出を必要とする法律婚主義を採用している。
だから,法律婚によって生まれてきた嫡出子を非嫡出子より優遇しても,
全然オッケー!

という感じです・・・。

もう,全然お話になんないという感じです。理屈も何もあったものじゃありません。


色々ツッコミができる判例ですが,難しい憲法論を措いても,明らかにおかしい
ことがあります。

日本が法律婚主義を採用していることについては,賛否があるところですが,
個人的には所詮価値観の問題だと思いますし,日本では法律婚が重視されてきた伝統が
ありますので,何も問題があるとは思いません。
したがって,法律において法律婚を尊重するような規定を設けることについても反対
ではありません。

しかし,そうであったとしても,この法律あるいは判例が明らかにおかしいのは
嫡出子と非嫡出子の相続分に差別を設けたからといって,
法律婚を促進する効果など一切ない

というところです。


これが内縁の夫婦であれば,話は違ってきます。
日本の法律では,内縁の夫婦間に相続は一切認められていません。
しかし,これは当人同士が了解の上で内縁関係を続けているのですから,そのような
不利益を被ってもやむを得ません。
もし,内縁関係にある配偶者に自分の財産を相続させたいのであれば,婚姻届を
提出すればいいだけです(どちらかが別の異性と法律婚をしていて,
離婚が難しいような場合は,養子縁組するという手段もあります。)。

しかしながら,非嫡出子は,自分で非嫡出子という身分をどうすることもできません。
子が自分の両親に対して,婚姻届を提出して法律婚をせよと請求する権利など認められて
いません。

また,「結婚外で子どもを作ったら,嫡出子と相続分が違ってくるから可哀想なので,
子作りはやっぱ止めとこう。」
などと考えて性行為に及ぶ,そんなステキなカップルなどいるはずもありません。

なお,この最高裁判例には5人の裁判官の反対意見(違憲)があり,上記リンク先の
13頁から記載されていますが,こちらの方がよっぽどマトモなことが書かれています。


この決定の後,決定を引用して,数回合憲の判断が下りてきましたが,
上記リンク先の記事にあるとおり,平成22年7月に一度最高裁大法廷に
回付されたことがありました。
そのときは「ついに違憲判断がっ?!」と一部で騒ぎになりましたが,判断される前に
当事者間で和解が成立し,憲法判断には至りませんでした。


最高裁は5人の裁判官で構成される3つの小法廷からなりますが,一部の事件については,
15人の裁判官全員で構成される大法廷で事件が審理されます。
そして,以前に大法廷が合憲と判断した争点について,再び大法廷に事件が回付されるのは,
事件の係属していた小法廷が判例を変更して違憲判断を必要と考えた場合です。

したがって,今回事件が係属していた最高裁第1小法廷では違憲を相当と考える
裁判官が多数を占めていることになります。

ただし,最高裁大法廷に回付されたからといって,必ず違憲判断が出るわけではなく,
15人の裁判官の過半数(8人以上)が違憲と判断する必要があります。
そのため,今回違憲判断が出る可能性は,五分五分といったところでしょうか。


この不当な差別が一日も早く無くなるよう,祈りながら最高裁大法廷の決定を
待とうと思います。
スポンサーサイト
裁判所は,入場無料・再入場自由・冷暖房完備(でも,節電モード。。)・
アトラクション乗り放題(?)な上,非日常でディープな世界を垣間見れるとあって,
数年前から刑事事件の裁判傍聴ブームが起きているようです。

そのため,全く世間の耳目を集めるような事件でなくとも,結構な数の人が
傍聴に来ることもあり,法廷に入ってビックリしてしまうこともあります。

傍聴に来ている方々にも,傍聴マニアのようなコアな人から,所在なさげなお年寄り,
ランチついでの主婦仲間同士,大学生(あるいはロースクール生)の集団,
社会見学の中高校生等色々な人達がいます。

また,横浜地裁は,ビジネス街かつ観光地のど真ん中にあるせいか,
デートの途中と思しきカップル,仕事サボりにきた(?)営業のサラリーマン等
とても裁判傍聴が主たる目的とは思えないような人達も結構います。

傍聴人の質や数ですが,事件の内容によっても変化があります。

覚せい剤や大麻等の事件は,内容が無難(?)なことが多いせいか,
中高校生の傍聴に利用されることが多いようです。

また,性犯罪系や児童ポルノ系の事件では,無駄に傍聴人が多くなる傾向があります。
法廷では,警備・保安上の観点から立ち見が許されていませんので,
そういった事件では,法廷の外の廊下に傍聴席の空席を待つ人がたむろって
いることすらあります・・・。



弁護士は,プロなので,傍聴人がいようがいまいが全力を尽くす!!

・・・・のは当然ですが,山田としては,やっぱり傍聴人がいる方が気合が入ります。

特に,何でもない事件の裁判なのに,傍聴席に多数の女性の姿を認めると,
「被告人と同意見です!」,「甲号証,乙号証ともに全部同意いたします!」,
「弁護人の立証は以上です!!」みたいなわりとどうでもいい形式的な発言を,
やたら声を張って言ってみたり,最後の弁論のときに無駄に抑揚を付けて言ってみたり。。

そういえば,同期の友人の弁護士は,女子大生や女子高校生等が傍聴席にいると,
「弁論要旨」を紙でプリントアウトしているにもかかわらず,わざわざiPadに取り込んだ
ものを読み上げるとか言ってたっけ・・・。

それと,中高校生の見学のときは,必要以上に,分かりやすく,ゆっくりと話すよう
しています。
これは,裁判官や検察官も同じようで,裁判官によっては,被告人に向かって
語りかける形ながらも,事実上中高校生に法律用語を説明している場合もあります。
「被告人,黙秘権の意味は分かりますか?・・・・・ということですね。」みたいな感じ(笑)
いつもは嫌味な質問を炸裂させるキャラの検事が,そのときだけ突然いい人キャラになり,
こみ上げてくる笑いを堪えなくてはいけないこともあります。。


というわけで,刑事事件の裁判傍聴をされることがある場合は,被告人や証人の
様子だけでなく,裁判官,検察官,弁護士の様子もチェックしてみるといいかも
しれません♪




山田の平日の楽しみは,ズバリランチです♪

弁護士は,忙しいせいか,お弁当等を買ってきて,事務所内でお昼を済ませる
人が多いようですが,私は,気分転換を兼ねて,ほとんど毎日のように外で
ランチをしています。

大船は,小さい街ながら,魅惑的なランチをやっている店が結構多く,
いつもお店を決めるのに迷ってしまいます。
普段よく行く店は10くらいなのですが,新しくランチを始める店も結構あるので,
新規開拓も怠れません。
今日も,素敵な新しいお店を発見し,また,お店を決めるのに迷ってしまう~
と嬉しい悲鳴を上げてしまいました(笑)

私は,その店のランチが気に入ると,料理の写真をfacebookにアップして,
お店を紹介することにしています。
これは,facebookの友人に地元の友達が多いからです。
そのため,私の写真を見た友人がその店に興味を持って,食べに行ってくれたり,
ときには一緒に食べに行ったりしています。
これは,facebookというSNSを利用してはいますが,昔ながらの「口コミ」と
変わりはありません。

では,大船で新しくランチを始めた店が東京や横浜のような大都会のお店がやっているような
派手な広告を打って,集客したらどうなるでしょうか??

おそらく,最初の間は沢山のお客さんが押し寄せ,繁盛するでしょうが,
肝心の味が伴わなければ,すぐに閑古鳥が鳴くと思います。

東京や横浜のような大都会と違い,大船のような小さな街では,そもそもの人口が
少ないことに加え,ビジネス街や観光地のような昼間人口・夜間人口・週末人口等の
流動性人口の大幅な増大もあまり望めません。

つまり,予め決められた枠内にいるお客さんをできるだけ掘り起こし,
獲得していくしか生き残る術がないわけです(最近は,大船にもメディアで
取り上げられたり,有名人が来店するような人気店が少ないながらも現れてきて
おり,そのような店には他県からもお客さんが来るようですが。)。

そのため,大船にある人気の料理店の多くは,上記のような口コミでお客さんを
獲得していると思われます。
つまり,肝心の味(あるいは,それに代わるような何か)が伴わない店は,
長続きできないのです。


そして,このことは,法律事務所にも同じことが言えると思います。

大船のような街で法律事務所をやっていく場合,周辺の住民や通勤に大船駅を
利用する人達以外の顧客を開拓することは,一般的に困難です。
そのため,派手な宣伝で集客を図っても,大都市と違って,その効果には限界が
あります。
また,小さい街であるため,一旦マイナスの口コミが広がってしまうと,
新規の顧客開拓が極めて難しくなってしまいます。

ですから,大船のような小さな街のマチ弁は,料理店と同じく,「味」で勝負をし,
口コミでお客さんを連れて来ないといけないわけです。


最近,弁護士の人口が爆発的に増え,過当競争が極まっているせいか,
安直な集客効果を謳うマーケティング業者やセミナーが幅を利かせている気がします。

私としても,当然ながら,マーケティング手段としてのIT等の重要性を
否定しているわけではありませんし,実際色々なことを計画しているところです。

ですが,いつの時代でも,弁護士にとっての最高のマーケティングは,
やはり「口コミ」にあると思うわけです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。