上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく,「人が沢山いる法廷で,証人尋問やったり,刑事事件の弁論をしたりする
とき緊張しませんか?」というようなことを尋ねられるときがあります。

重たい事件の証人尋問前に重たいランチをガツガツ食べていたり,
直前に記録を確認するそぶりが全くなかったり,本番でもわりと平気そうな顔を
しているのでそう聞かれるようです。

しかし,私も,当然緊張するときありますし,不安で仕方ないときもあります。

勿論,人間場数を踏み,経験を積むことによって,弁護士になりたてのころのように
右も左も分からず,むやみやたらと緊張していることはなくなります。

しかし,どんなに経験を積んでも,現場では予測しないことが起こるものですし,
失敗もします。
事前に周到に準備していったものが,ほとんど使えないで終わってしまう
ということもしばしばあるものです。
そして,法廷で何かやらかしたときに,傍聴席に沢山人がいたりすると,
穴があったら入りたくなる心境になってしまうものです。

なので,弁護士になって数年経っても,本番前にはある程度緊張や不安があるものです。
ただ,緊張し過ぎて,夜も眠れないとか,食事が喉を通らないとかそういうことは
ありません。


緊張してどうしようもないという人のお話をよく聞いてみると,
本番そのものに対するプレッシャーという以上に,本番で自分が緊張して
失敗してしまうことを想像して,緊張してしまうことが多いようです。

「緊張に対する緊張」とでもいうべきなのでしょうか。

「本番で,かみまくるのではないか。」
「本番で,声が震えてしまうんではないか。」
「本番で,真っ赤になってしまうのではないか。」
「本番で,緊張のあまり,お漏らしをしてしまうのではないか。」
(↑ さすがにこれはないか。。)

そんなことを事前に考えてしまって,自分の緊張を高めてしまうパターンですね。
こういうのって,何とか緊張を克服しようとする生真面目なタイプの方に
多い気がします。

私も,昔はそういうところもあったので,分かる気がします。
ただ,あるときから,考え方を変えて,緊張しまくるということがなくなりました。

では,どういう風に考え方を変えたかというと・・・・


「別に,かんでもいいじゃん。緊張するのが当たり前なんだし。」
「別に,声が震えてもいいじゃん。緊張するのが当たり前なんだし。」
「別に,赤面してもいいじゃん。緊張するのが当たり前なんだし。」
別に,お漏らししてもいいじゃん。緊張するのが当たり前なんだし。」
(↑ いやっ,これはやっぱダメだな。。)


こう考えるようになってからは,本番前に余計な緊張をすることはなくなりました。

人間,重要な場面では緊張するのが当たり前ですし,緊張のため上手く行動できない
こともよくあることです。
でも,肝心なのは,「上手くやること」ではなくて,「目的を果たすこと」
なのです。

たとえば,刑事事件の弁論をするときは,格好良くスラスラと弁論を読み上げる
ことが重要ではなくて(勿論,本当はそうありたいですが。。),弁論の内容を
しっかりと裁判官あるいは裁判員に伝えることこそが重要なのです。
これは,講演や講義などでも同じだと思います。

緊張することに対して緊張してしまう人は,物事を上手くやろうとし過ぎたり
他人の目を意識し過ぎたりする傾向が強いのだと思います。

そこで,一度そういう完璧主義の呪縛を取り外してみると,本番で緊張しなくなり,
余裕が生まれることで,やがて本番を楽しめるようになるかもしれません♪

スポンサーサイト
ここのところバタバタしており,完全に失念しておりましたが,
平成25年4月1日で,弊事務所が開設1周年を迎えました。

開設当初の

「とりあえず,事務所を1年続ける。」

という隠れた目標(情けない・・・。)は,何とか達成できたようです。。

いや,最初は,本当に事務所をやっていけるのか,1年後にはたたんでいるのではないか
と本気で心配しておりましたが,低空飛行ながらも,これといった波乱もなく,
何とかここまでやってくることができました。

これも,日ごろの皆様のご支援・ご声援の賜物と思います。
誠にありがとうございます。

この1年間,弊ブログを通じて,10人以上のお客様にお越しいただけました。
ブログを始めた当初は,思いもよりませんでしたが,
どうも,他の弁護士ブログとは違う,何かユル~イ感じを気に入っていただけたようです(笑)。


とりあえず,1年間事務所を守りきることができたので,2年目は,色々と
仕掛けていこうと考えています。

今後とも,弊事務所,弊ブログ共々よろしくお願いいたします!!



2年目の隠れた目標=もっとブログを更新する。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。