上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう,半年ほど前に書いた下記の記事の続編を,ようやく書こうと思います。
「弁護士」との出会い

書こう書こうと思っていたのですが,他に書きたいことがあり,そちらを優先
させてきたため,遅くなってしまってスイマセン。。

*****************************************

「弁護士」という職業と出会ったきっかけが「ドラえもん」(・・・。)であったことは,
前回の記事で書きました。
ただ,何せそこに出てきた弁護士が悪役だったもので,私の弁護士に対する
イメージは,決して良いものではありませんでした。

それから数年が経った小学校5年生のとき,とうとうリアルの「弁護士」を知ることに
なりました。

それは,日本で初めて死刑囚に対して再審無罪判決が下った免田事件の報道を
通してでした。

免田事件についての詳しい説明をすると,それだけで記事4回分は
使いそうなので,ポイントだけ説明しておきます。

免田栄さんは,昭和23年に熊本県で起きた強盗殺人事件の犯人として逮捕され,
最高裁で死刑判決が確定してしまいました。
その後,度重なる再審請求も退けられましたが,とうとう6度目の再審請求で
再審が開始され,その再審で無罪判決が下ったのです。

この事件は,初めて死刑囚に対して無罪判決が下ったというリーディングケース
としての意味だけでなく,その後しばらく続いた死刑判決確定後の再審無罪事件
(松川事件,財田川事件,島田事件)の呼び水となった事件として,
非常に重要な意味を持っています(当時は,そんなことサッパリ分からなかったけど。。)。

免田さんは,23歳で逮捕された後,事件発生から34年半,死刑判決確定からも
30年余りもの間,ずっと塀の中で過ごしつつも,最後の望みを捨てることなく,
戦い抜いたのでした。

そして,この事件の報道を通じて,免田さんに対する取調べで拷問が行われていたこと
(事件当時の警察は,未だ戦前の警察組織を引きずっていたのです。),
警察が免田さんのアリバイ証人に偽証を迫っていたこと,検察(ちなみに,
「検察」という組織を知ったのもこのときでした。)が重要な証拠品を
廃棄していたこと等,警察・検察による犯人でっち上げ行為が行われてこと,
しかも,少なくとも事件当時はそれが珍しくなかったことも知りました。

また,獄中の免田さんを支え続け,無罪判決を勝ち取ったのは,弁護士達の
活躍によるところが大きかったということも知りました。


この再審無罪のニュースに触れたとき,人生で一番充実している青年期を丸々
奪われた免田さんに思いを馳せて悲しい気持ちになるとともに,
不当な捜査で犯人をでっち上げた警察,意図的に証拠を潰した検察,
それを全く見抜けなかった裁判所に対する強い怒りと不信感を覚えました。

それと共に,国家権力により消されそうになった一般市民の味方となり,
全力で助けようとする弁護士という職業に,心から敬意を抱きました。
「ドラえもん」に植えつけられた弁護士に対するバッド・イメージは,このとき
どこかに吹っ飛んでしまったのです(笑)


もっとも,このときは,自分が弁護士になるとは思いもしませんでしたし,
なりたいとも思わなかったと思います。

いや,もしかしたら,少しは「なりたい」という気持ちはあったのかもしれませんが,
小学校時代の私は大の勉強嫌いでしたので,沢山勉強して試験に合格しなければ
なることができない職業なんて冗談じゃないという感じで,即刻却下だったの
かな思います(苦笑)

私が本気で弁護士を目指そうと考えるようになるのは,まだまだ先のこと。
そのときのことは,いずれ書きますね♪


ともあれ,この免田事件のニュースと,その後すぐに続いた財田川事件,松川事件
の再審無罪判決は,思春期を迎えようとする私に強烈なインパクトを与えてくれました。
現在の私が刑事事件を熱心にやっているのは,その当時のインパクトが未だ続いて
いるからかもしれません。


↓ ランキング用バナーですので(現在弁護士ブログランキング26位です。),
よろしければクリックお願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
数年前からグラグラしていた奥歯の詰め物が,先日取れてしまいました。
隣に露出してきた親知らずに押されて,取れてしまったのだと思われます。
そこで,実に約15年ぶりに歯医者さん(大船駅前の岡本歯科クリニックさん
に行って来ました!

普段から,しっかりと歯磨きをするせいか,あまり虫歯に悩まされることは
ないのですが,余りにも久しぶりの歯医者さんだったので,さすがに不安になりました・・・。

初回の診察で,まず検診してもらったところ・・・・・

詰め物の取れた部分が虫歯になりかかっていたものの,他の歯はいたって健康とのこと!

年齢的に,虫歯よりも歯周病を懸念していましたが,歯茎もピンク色で健康とのこと
でした!!
ただ,奥歯周辺の歯茎については,歯周ポケットが少しだけ広がっており,
軽度の歯肉炎になっているそうです・・・。
奥歯についても,歯茎と歯のブラッシングをしっかりしないといけませんね。

その後,虫歯の部分を削り,型を取りました。
久々に歯を削ることになり,かなり怯えていましたが,意外に大丈夫でした
(この辺は,加齢により,鈍感になっているのかもしれませんが。。)。

2回目で,歯に付着した色素(コーヒーやお茶が好きなので,かなり付着していました。。)
や歯石を取り除き,3回目で新たな詰め物を被せて,治療終了!!

しかし,どんなに注意深くは歯磨きをしていても,歯ブラシの届かない,
歯と歯の間や詰め物の下は虫歯になるおそれがありますし,加齢と共に
歯周病のリスクは高まる一方です。また,歯石も定期的に除去するにこした
ことはありません。

というわけで,今後は,1年に1度定期健診をしてもらおうと思います。
何かあってからでは手遅れになるので,何かある前に専門家の意見を聞いて
おくというのは,弁護士も歯医者さんも同じですね♪



↓ ランキング用のバナーです。よろしければクリックお願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
今年の4月1日から,横浜駅西口の鶴屋町にあるTSプラザビルディングに,
その名も「横浜弁護士会 横浜西口法律相談センター」ができました。

横浜弁護士会の法律相談は,関内にある弁護士会館内の総合法律相談センターを
はじめとして,川崎,横須賀,相模原,県西の各弁護士会支部,横浜そごう内に
ある東口相談センターで行われていました。

ところが,中心的存在であるはずの弁護士会館が,一般の方からするとややアクセスしづらい場所
にあるのではないかという議論が従前からあり,多数の公共交通機関が集中している
横浜駅の近くに法律相談センターの機能を移そうということになったのです。

そして,今日,できてから初めて西口相談センターで法律相談を担当することになり,
行ってきました♪
法律相談室が4つあり,受付や待合室もスッキリとしていて,中々いい雰囲気なのでは
ないかと思いました。

ところで,この西口法律相談センターの入っているTSプラザビルディングには,
忘れられない思い出があります。

以前,このビルには某大手司法試験予備校の横浜校が入っていたのですが,
私は,司法試験受験生活の最後の2年間を,その予備校の自習室で勉強していたのです!

平成17年度の旧司法試験に不合格となってしまい,翌年度(平成18年)の
旧司法試験の合格者がそれまでの1500人から5~600人程度に減らされる
ことになってしまったため,私は,翌年度の合格を果たすべく,それまでの勉強方法,
生活態度,その他を全て見直すことにしました。
その一環として,それまで自宅で勉強していたのを改めて,どこかの自習室を
利用しようと考えました。

いくつかの予備校や有料の自習室を見学させてもらい,最終的に一番環境が良さそう
だったその予備校の自習室を選びました。
教材や六法を置くため,ロッカーの申込もしました。
ロッカーの利用申込をするには,講座か何かを受講しなくてはならないということで,
よく覚えていないのですが,何か安い講座を選んで受講した覚えがあります。

それから,アルバイトの日を除いて,ほぼ毎日のように,
自習室の開く午前9時前ころに行き,自習室の閉まる午後9時ころまで,
そこで勉強するという生活が続きました。
自習室にいる間は,お昼とおやつ(時々夕食)を食べる以外は,ほとんど勉強していました
(多少の休憩はしましたけど。。)。
今から考えると,よくあれだけ勉強を続けたもんだと,自分のことながら感心して
しまいます。

残念ながら,平成18年度の司法試験は,論文試験の合格点に0.03点(この数字
一生忘れられません・・・・。)足りず,僅差で涙を飲みました。
しかしながら,かえって,このペースで勉強を続ければ,絶対翌年度(平成19年)には
合格できるという確信が生まれることになり,そのまま,自習室に通い続けて,
平成19年度の司法試験には無事合格することができました(ヤレヤレ)。

自習室で過ごした2年間は,精神的にも肉体的にも大変だったはずですなのですが,
生まれてから経験したことがないほど(そして,今後も経験することがないほど),
わき目も振らず勉強に集中していたせいか,もの凄く充実していて楽しかった気がします。

「オレは,こんなに勉強することができて,なんて幸せなんだっーーーーー!!」
と鬱陶しいほどにハイテンションな毎日でした。。

あのときの2年間が,今この仕事をする上での重要な基盤を作ってくれたと思ってます。
ですから,あの自習室や予備校には,本当に心から感謝しています。


ところが,大学受験と同じで,一旦試験に合格してしまうと,受験のための予備校に
足を踏み入れることはなくなってしまうもの。。
あれだけ,毎日のように通っていたこのビルにも,司法試験合格後は2~3度本を
買いに来ただけでした。
その内,その予備校が校舎をこのビルから別のビルに移してしまったため,このビル
に行くことも全くなくなってしまいました。

そんな弁護士になることを夢見て通ったこのビルに,弁護士として法律相談をやりに来る
なんて!!
これは,正しく凱旋てやつか!!??


などと考えつつ,胸を張ってエントランスに入ったのですが・・・・


すぐに
私の受験生時代を知る人など,今このビルには誰もいない
という当たり前すぎる事実に気づいてしまいました・・・。


いいんだもん・・・,自己満でも・・・・(涙)





↓ ランキング用バナーです。よろしければクリックしてください♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
facebookで友人が紹介していた下記リンク先の記事を興味深く読みました。

<悪魔の代弁人>を立てるかどうか、クライアントこそ問われている


思わず,膝を打ってしまったのは,第2節目の「わかりやすい一本調子の論理より、複数の論理を」
のところです。

たとえば,「貸したお金を返してほしい。」という相談を受けたとします。
その相談者が借用証を持っていたとしても,相手方がお金を借りた事実自体
を争ってくるかもしれませんし,お金を返したと言ってくるかもしれません。
また,お金を借りたことは認めても,お金がないので返せないと言ってくるかも
しれません。
そのため,弁護士は,いざ訴訟になった場合に,相手方がしてくるであろう様々な
主張を想定し,それぞれの対応方法を検討した上で相談者に見込みを伝えることになります。

しかし,このような説明は,仮定の話になるものですから,分かりづらく
なりがちですし,ときには弱気に聞こえてしまうもののようです。

もしかしたら,単純に「借用証があれば裁判は勝てるさ!!」とだけ言う弁護士の方が頼もしく
思えるかもしれません。

また,過去の判例などを踏まえて,その事案の勝訴の見込みが薄いことをお伝えすると,
「判例は判例で分かるけど,それでも私の側に立って頑張ってもらいたい。」と
言われることもあります。

もしかすると,「判例上等!!玉砕覚悟で頑張りましょう!!」と言った方が
より受任件数が増えて,お金は儲かるのかもしれません。


しかし,依頼者(相談者)の利益を考えること=依頼者(相談者)の希望をそのまま受け入れること
ではないと思うのです。

我々弁護士は,法律の専門家であるわけですから,依頼者の希望を法律的に分析して,
その希望が実現できるかどうか,実現できないとしても,何か次善の策がないかどうか
まで検討して,初めて依頼者の利益を考えたことになると思うからです
(もちろん,依頼者(相談者)の希望を,法律論振りかざして頭ごなしに否定するのは
絶対にやってはいけないと思いますが。)。

そういった弁護士と依頼者との間のジレンマを,非常に上手く表現している記事だと
と思いました。


あと,この記事全体を読んで想起したのが,カエサルの
「ほとんどの場合,人は,自分が望んでいることを信じようとする。」という言葉です。

どうしても,人間というものは,自分の希望に対するネガティブな意見を嫌います。
最悪の事態を想定して意見をする人のことを,「縁起でもないことを言うな。」と
一刀両断にしてしまう場面もよくみられます。

しかしながら,耳に優しいことを言う人と厳しいことを言う人,自分の利益を真剣に考えて
行動してくれるのはどちらのタイプなのか,一度しっかりと考えた上で選ばれた方がいいと思います。

弁護士も政治家も。



↓ よろしければ,下のバナーをクリックお願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。