上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
覚せい剤の密輸事件につき,最高裁が,第1審の裁判員裁判による無罪判決を
覆した控訴審判決を維持し,上告を棄却しました。

最高裁「覚醒剤運んだ人物 密輸組織から委託」

最近,覚せい剤や麻薬を海外から密輸したとして訴追された人が,
中身を知らなかったと主張して,第1審の裁判員裁判で無罪判決を受けるケースが
相次いでいました。

実際,海外でスーツケースを盗まれたり,破損されたりしたところ,
「親切な」第三者が新たなケースを準備してくれて,それを持って帰国したら
中に覚せい剤や麻薬等の違法薬物が隠されていたという話や,
海外でステキな異性(まあ,同性でもいいんですが。。)と恋に落ち,
その異性から荷物を頼まれたところ,中に違法薬物が入っていたという話を
よくニュース等で耳にします。

そのため,裁判員の方々は,無罪の推定という刑事司法の大原則に立ち返り,
裁判で中身を知らなかったと主張する被告人について,真偽は分からない
ながらも,無罪判決を下す傾向にあったのではないかと思われます。
私は,そのような傾向について,裁判員裁判を導入した最大の成果だと考えていました。

しかしながら,本件についての控訴審判決や今回の最高裁決定により,
そのような好ましい傾向が潰されてしまったと思います。

最高裁の決定は,「覚醒剤を運んだ人物は、特別な事情がない限り、密輸組織側から委託を
受けていたと認定できる」と判断しています。
つまり,被告人の側で,中身を知らずに荷物を託されたとか,スーツケースの中に知らない間に
違法薬物を入れられたとか,その他裁判官を説得するに足る具体的な事情を主張・立証できないと,
密輸についての故意を認定されてしまうということです。

職業裁判官は,えてしてこのような判断をするものです。
それは,人間の内心である故意や犯意を直接証明するような客観的証拠が存在する
ことは極めてまれであるため,故意や犯意の立証のハードルを上げてしまうと,
「知りませんでした。」と主張された場合,無罪判決を下さざるを得なくなり,
逃げ得を許してしまうことになるからです。

しかし,裏を返せば,実際には,本当に知らないにもかかわらず,
たまたま特別の事情を立証する方法を何も持っていないがために,
有罪判決を下されてしまう人が一定数必ず出てくることになります。

特に,違法薬物の密輸事案の場合,薬物を渡されたり,入れられたりするのが
海外での話なわけで,証拠を集めたり,証人を呼び出したりして防御することが,
被告人にとって事実上不可能です。

今回の最高裁の決定は,無罪の推定という大原則を覆す
推定有罪の判決と言わざるを得ないと思います。

スポンサーサイト
みのもんたさんが,「朝ズバッ!」等TBS系の報道番組を降板したようです。

みのもんた「息子の責任親にある」 降板決断の理由明かす


二男逮捕以降のみのさんのマスコミ対応を見ていると,つくづく謝罪カードの切り方が
拙かったなと思います。

特に,最初の会見で,「もう30を過ぎた男の別の人格」と言ったり,
出演したラジオ番組で,成人した子の問題について親の責任論が問われることについて,
海外の友人が「おかしいね,日本は」と言っているなどと言ったりしたのは,まずかった。

みのさんの言った内容それ自体は,特におかしくはないかもしれませんが,
第三者でなく,当事者がそれを言ってしまっては,単なる逆ギレとしか受け止められません。

みのさんとしては,二男が否認を続ける中で,自身の責任論を問う声が上がっていたことに
ついて大きな不満があったために,そのような物言いをしてしまったのかも
しれませんが,それであれば,二男の捜査の結論が一応出るまでは沈黙を守るべきでした。


最近の有名人が炎上するいくつかのケースを見ていると,いずれも初動で,責任逃れに終始したり,
逆ギレしたりしてしまい,その人がやってしまったことそれ自体よりも,その後の対応への
怒りを呼んでしまい,手がつけられなくなってしまうというパターンが多いと感じます。

私も,この仕事をする中で,すぐに素直に謝罪していれば,大事にならずに済んだものを,
最初の対応がひどかったために相手方の怒りを招き,要らぬ紛争に発展してしまったケース
を沢山見ます。

結局のところ,聞かされる人の立場に立って話すのか,自分の言いたいことだけを話すのか
の違いに過ぎないのですが,実際にはみのさんほど弁が立つ人でも難しいことなんでしょうね。

2013.10.22 祖母逝く
先週の水曜日,父方の祖母が亡くなりました。
享年95歳でした。

祖母の生まれた1918年(大正7年)生まれの有名人を調べてみると・・・

・中曽根 康弘(政治家・元首相)
・田中 角栄 (政治家・元首相)
・ワルトハイム(オーストリア・政治家)
・シュミット(ドイツ・政治家)
・ナセル(エジプト・政治家)
・サダト(エジプト・政治家)
・チャウシェスク(ルーマニア・政治家)
・川島 雄三(映画監督)
・イングマル=ベルイマン(映画監督)
・池部 良(俳優)
・水川 八重子(女優)
・高峰 三枝子(女優)
・升田 幸三(将棋)
・藤本 英雄(野球)
・レナード=バーンスタイン(作曲家・指揮者)

錚々たるメンツが並んでいますが,当然のことながら,いずれも過去の人達ばかり。
ご存命なのも,中曽根さんとシュミットさんだけのようです。
こんな人達と同い年と考えると,祖母の歩んできた歴史の長さに圧倒されてしまいます。

十年間ほど施設に入っていた上,大阪在住のため,なかなか仕事の合間を
見つけるのが難しく,ここ数年会っていなかったのが,やや心残りです。

数年前に最後に会ったときも,もう私が誰だか分からなくなっていて,
「頑張って司法試験に受かったんだよ。」と父達が説明しても,当然理解できて
いませんでした。。
でも,最後に何となく思い出したようで,手を振って見送ってくれました。


戦争で夫(私の祖父)を亡くしたり,娘2人(私の叔母)を早くに亡くしたりで,
色々大変な人生だったと思いますが,施設に入るまで立派に家を守っていました。
とにかくお疲れ様と言ってあげたいです。
今日は,台風の影響で,公共交通機関のダイヤが乱れに乱れていましたね。。

私は,午後から法律相談の担当だったので,横浜駅に向かおうと,お昼ころに
横須賀線に乗ったのですが,動き出してからまだ間もないということもあり,
凄まじいまでの大混雑でした。

そんな中,保土ヶ谷駅に着いたときに,同じ車両で気分が悪くなった人がいたのですが,
周囲の方々が閉まりかけたドアを必死に開けようとしたり,外で並んでいるお客さんに
助けを求めたり,駅員さんに大声でアピールしたりして,その急病人の方を下ろそうとしました。

最終的に,誰かが車内の緊急停止ブザー(?)のようなものを押してくれたので,
無事急病人の方を,ホームの駅員さんに引き継ぐことができました。

あの立錐の余地もないほどの大混雑の中,周囲の方々が必死に協力して急病人の救助に
あたる様は,聞いていて(私の立っているところからは,様子をうかがうことはでき
ませんでした。。),美しさを感じるほどでした。
2年前の大震災で感じることができた,「絆」を改めて感じる出来事でした。

周囲の人に押されまくって,エビゾリのような態勢のまま
せめて心の中で拍手を贈りました。。


最近,立て続けに証人尋問をやった中で気づいたことがあります。
それは,証人尋問には,その人のコミュニケーション能力が如実に現れるということです。

証人尋問の理想的な展開は,あたかもピンポンのように,弁護士(あるいは,検察官,裁判官)
からの質問に,証人が端的でコンパクトな回答をして,質問と答えがスピーディーに繰り返されるという
流れで進んでいくことです。

しかしながら,証人がよほど頭の良い人でもない限り,そんなに上手く行くことは
滅多にあるものではありません。。

よくある悪い証人尋問の例を,いくつか挙げてみます。


1 質問と回答が被ってしまう

人の質問が終わっていないのに,答えを言ってしまうパターン。
これは非常に多い印象です。
「答えなきゃ。」とか「話したい。」という気持ちが先行してしまうせいでしょうか。

しかし,これでは,聞いていて分かりづらい上,録音を反訳する業者の人が,
せっかく答えた内容を聞き取れず,正確な尋問調書を作成することができなくなって
しまう点で致命的です。

気になったときは尋問の途中でも注意するようにしていますが,しばらくすると,
また元に戻ってしまうことも多いです・・・。

2 答えに辿り着くまでに長い

質問に端的に答えてくれないパターン。

たとえば,「あなたは,その日,被告人に会いましたか。」という質問に対しては,
「はい,会いました。」あるいは「いいえ,会ってません。」というどちらかの
回答が求められています。

しかし,これはお年寄りに多いのですが,「えーと,その日は,朝起きて○○をして
から××に行って,そこで○○をした後△△さんに会って・・・・・」と
その日の経緯を延々と数分間に渡って話した挙句に,「夜になって,被告人に会いました。」
ようやく答えに辿り着く人。

これの応用パターン(?)として,ひどいのになると,累々と経緯を話している
内に,最初に聞かれた質問を忘れてしまい,その日起きた自分にとって印象的な
(しかし,事件にとって,何の意味もない)事実を話し始め,
ついぞ回答に辿り着かない場合もあります(>_<)

近年の裁判では,証人尋問はかなり厳格な時間の制限があるので,こんな回答の仕方を
されては,必要なことが聞けずに終わってしまいかねません。

3 聞かれていないことまで話す

先ほどの「あなたは,その日,被告人に会いましたか。」という質問に対して,
「はい,会いました。」と答えるだけでなく,「すると,被告人は,私に向かって
歩きながら○○○と言って,ナイフを振りかざし・・・・」などと,その後の
展開まで話してしまうパターン。
これも非常に多い印象です。

これでは,聞き手である裁判官(あるいは裁判員)は聞いていて分かりづらいですし,
重要な事実とそうでない事実の仕分けができず,重要な事実がぼやけてしまう
ことにもなりかねません。

そのため,私は,こちら側の証人や本人に対し
「質問に対する回答は,原則3秒以内で」
と強く指導するようにしていますが,なかなか守れる人はいないものです。。

4 聞かれていないのに勝手に話し始める

これが問題外なことは,論を俟たないですね。。
もはや,「証人」という立場から外れてしまっています。

「被告人には,その日に会いましたが,その1週間前にも会って,そのときは・・・・」
というような,聞かれたことから勝手に連想を広げて,外れた答えを繰り出す人も
このパターンの亜種といえます。


以上,いくつかのパターンを挙げてきましたが,いずれも,問いに答える姿勢がない,
聞き手のことを考えていないという独りよがりな姿勢に共通点があります。

裁判官には気が短い人もいて,上記のような回答パターンに接すると露骨にイライラし始め,
証人を叱り飛ばすこともあります。
ただ,それでも,なかなか改まらないことが多いです。

証人尋問をしていると,普段,その人が人とどのようなコミュニケーションをしているのか
が分かって,大変興味深いです。

2013.10.11 今日の公判は
今日,横浜地裁で刑事事件の公判がありました。

多分,私の短い弁護士人生の中で最も感銘を受けた公判でした。
私自身かなり準備を頑張ったと思いますし,その過程で色々な方々のご協力が得られたのも
僥倖でした。

そんな中でも,裁判長の被告人に対する質問が本当に素晴らしかった。

色々な問題を抱えている被告人でしたが,時間をかけて被告人から様々な反省の言葉
を引き出し,丁寧に教え諭す様には,心から感動しました。

被告人が裁判長に対して答える中で,私や今回関わってくれた方々に対する感謝の言葉を
述べてくれたときには思わず涙が出そうになりました・・・。

正直,かなり頑張って書いた私の弁論も,裁判長の素晴らしい被告人質問
の後では,かなり色あせてしまいましたが。。

被告人自身も,今回の公判には大きなインパクトを受けていたようでした。
認め事件の公判では,被告人自身にどれだけの感銘を与えられるかが大きなポイント
になると思います。
そういった意味で,今回の公判は本当に素晴らしいものでした(自画自賛か。。)。

正直,しょっぱい結果に終わってしまうこともある刑事事件の公判ですが,
こういうのがたまにあると,また頑張ってやろうという気になります♪
今年の6月からやっているある否認の刑事事件の尋問が,今日ようやく終わりました・・・。

8月の末ころから今日までの約1か月超の間に,検察側証人4人の尋問と被告人質問の
計5回の尋問をやりました。

一般に尋問の準備は,刑事事件にしろ民事事件にしろ,かなり大変なものです。
それを5回分準備するのは,相当大変です。
特に,この事件は,被告人や証人の内の何人かは外国人だったので,余計に大変でした。。

法廷では勿論,被告人との接見の際も通訳さんに来てもらいます。

私が質問したことを通訳してもらい,被告人や証人が回答したことをまた通訳してもらう
という流れで進めるので,日本人同士のやり取りの倍の時間がかかります。
また,必ずしも,こちらの意図どおりに通訳がされるとは限らないため,
ピントの外れた答えが延々と返ってきてしまうこともあり,精神的衛生上も良くありません。。

過去に一つの事件で,6人の尋問をやったこともありますが,多分今回の方が質量共に
大変だったと思います。

身が削られただけでなく,書類を入れて運ぶカートのタイヤも削られてしまいました・・・。

というわけで,今日は,ちょっと放心状態の山田です(笑)

ただ,尋問が終わっても,その尋問の調書を踏まえて最後の弁論を書かなければいけません。
もう少しの間頑張ります!!
ここ数日,到底10月とは思えない気温が続いていますね。

各地で10月の最高気温 131地点が真夏日

以前にも書いたと思うのですが,私は暑いのが苦手で,本来であれば,
9月下旬から10月くらいの気温が一番好きです。
いつもなら,夏の間に蓄積した疲労が,この時期に急激に回復していくのですが,
ここまで暑いと,体がなかなかしんどいです・・・。

というわけで,折角ネクタイ始めたのに,昨日から,またクールビズに戻ってしまいました。。

皆様も体調管理にお気をつけ下さいませ。

今日,横浜市営地下鉄ブルーラインの港南中央駅から,横浜拘置支所に向かって
歩いていると,横浜刑務所の塀の中から怒号のような大歓声とアナウンスが
聞こえてきました(◎o◎)!

どうも,横浜刑務所で運動会が開かれているようでした。

しかし,その男ばかりの野太い歓声はかなり凄まじく,
コロッセオでグラディエーターの戦いを観戦する民衆達もかくや
という感じでした。


横浜刑務所は,犯罪傾向が進んでいる受刑者と外国人受刑者を中心に収容されているそうで,
そのスジの受刑者が多いと聞いたことがあります。
きっと,見たらもっとスゴイ迫力だったのでしょうが,刑務所の高い塀に阻まれて,中を見ることは
かないませんでした。。

娯楽が少ない(というか,ほとんどない)刑務所生活の中で,運動会は数少ない
イベントで,皆さん心待ちにしているんでしょうね♪

元AKB48の前田敦子さん,最近熱愛報道で話題ですね。

<前田敦子>熱愛報道後、初の公の場、釜山映画祭に出発


ところで,私に前田敦子さんの存在を教えてくれたのは,同期の友人の弁護士です。

平成19年(2007年)の11月に司法試験に合格した後,その友人と話をしていた
ところ,その友人は

「僕が目を付けたアイドルは,必ずブレイクするんです。」
「あやや(松浦亜弥さん)も,最初から目を付けていました。」


などと力説しました。

それを聞いた私は,眉につばを付けていたのですが,そんな私の様子を見た友人は

「あっ,僕の言うことを信じていませんね。」
「じゃあ,次にブレイクするアイドルを教えましょうか。」


そう言って教えてくれたのが,AKB48の前田敦子さんだったのです。

当時,私は,AKB48の名前はかろうじて知っていたものの,秋元康さんが立ち上げた
アイドルグループらしいという程度の知識しかなく,当然のことながら,
個々のメンバーについての知識は全くありませんでした。

なので,それを聞いても「ふ~ん,そうなんだー。へー。」という感じで聞き流していました。

ところが,それから1年半くらいすると,AKB48が俄然注目されるようになり,
我々が埼玉県和光市の司法研修所で後期修習を受けている間に行われた第1回総選挙では,
前田敦子さんが見事1位に選ばれてしまいました。

そんな状況を見て,私は彼のことを
心の底から キモイ スゴイと思いました。

そんな彼も,最近独立して,自分の事務所を構えるようになりました♪

そこで,優しい私は,彼が開業する地名にちなみ,

「●KB法律事務所」

という事務所名を猛プッシュしたのですが,どういうわけか無視されてしまいました。。

まだブログを始めて間もないころ,弁護士バッヂを裏返してつけている
という記事を書きました。

過去記事:弁護士バッヂが外れてる!?

弁護士バッヂは,金色ですが,実際は純銀製で,表面は金メッキです(ただし,非常に
高額ながら純金製も存在します。)。

そのため,しばらく付けていると,メッキが剥がれてきて,徐々に地金の銀が露出してきます。
年配の弁護士のバッヂは,更に銀の硫化が進んで黒ずんでいたりします。

なお,どう見ても若手の弁護士なのに,やたら銀色のバッヂをつけている人がいますが,
そういう人は,あえて表面のメッキを落とすため,小銭入れなどに入れているようです。
あんまり金色だと,経験が浅いように見られて,なめられてしまうからですかね。。


上記のリンク先の記事のとおり,私は,バッヂを裏返してつけていますので,
バッヂの表面がスーツに守られているためか,メッキがなかなか剥がれませんでした。
ところが,先日から上着を着るようになったため,数ヶ月ぶりにバッヂを取り出して
見たところ,若干メッキが剥がれかけていました(ー_ー)!!

うーん,やはり,普段裏返しにしているといっても,数年経てば剥がれてくるのですね・・・。
いつまでも,初心を忘れないように金色でいたかったのですが。。


今日,みのさんの二男が再逮捕されたようです。

ところで,日本の刑事手続では,同じ被疑事実で2回,3回と逮捕・勾留することは,
原則として認められていません。
もし,そんなことを認めたら,捜査機関の都合でいつまでも身柄拘束をすることが
できてしまい,重大な人権侵害となるからです。
これを再逮捕・再勾留禁止の原則といいます。

なんで,そんなことを書いたかというと,今回みのさんの二男が再逮捕された被疑事実は,
前回のコンビニのATMで他人のカードを使ってお金を引き出そうとした事実と異なり,
酔客からかばんを盗んだという(関連はしているけど,)全然別の事実だということです。

じゃあ,前回の逮捕・勾留の前提となったATMからの引き出しの容疑については
どうなったかというと・・・
処分保留で釈放となっているのです。

まあ,釈放といっても,実際に拘束から解放されるわけではなく,新たな逮捕状見せられて,
そのまま身柄拘束が続くんですが。。

勿論,処分保留で釈放されたからといって,無罪放免という意味ではないですし,今後捜査が
進展すれば,起訴される可能性も十分ありますが,少なくとも,今日の時点では
みのさんの二男を,窃盗未遂で起訴するに足りる証拠が揃わなかったことに違いはありません。

そこのところが説明されないと,再逮捕のニュースを耳にした一般の方々は,
みのさんの二男の嫌疑が一層深まったので再逮捕されたという印象しか受けないと思います。

ところが,今回の再逮捕の記事を検索してみましたが,窃盗未遂について処分保留で釈放された
旨の説明があった記事は一つもなく,処分保留となった旨の説明があった記事も,
下記リンク先の一つだけでした(簡単に検索しただけなので,他にもあるかもしれません。)。

<みのさん次男>窃盗容疑で再逮捕「弁護士と相談してから」

私が言いたいのは,みのさんの二男の件は冤罪の可能性があるということではありません
(情報が少なすぎて,判断できないので。)。
ただ,警察の発表を無批判に垂れ流しているマスコミの記事を読むだけでは,
事実の内ごく一部のことしか知ることができないということを言いたいのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。