上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日,JR福知山線の脱線事故について,JR西日本の歴代社長3人が業務上過失致死傷罪に
問われた裁判の判決が出ました。
結果は,無罪判決でした。

JR福知山線事故 歴代3社長に無罪

おそらく,日本の法曹界にいる人の多くが無罪判決を確信していたと思います。
それだけ難しい事件でした。

業務上過失致死傷罪が成立するには,歴代社長らに「過失」がなくてはならず,
「過失」があるというためには,本件事故が起きることを具体的に予見することが
できたことが必要になるのですが,社長個人にそのような予見可能性があったというのは,
かなりムリがあるからです。

被害者やご遺族の方々のお気持ちは十分理解できるのですが,企業の不祥事について,
トップが責任を取るということと,トップ個人(あるいは企業内の特定人)が
刑事責任を負うということは全く違うものなのです。
記事にも引用されている裁判長の最後の言葉が,そのことをよく表していると思います。

こういった事故について,企業の責任を追及する新たな枠組みを検討する時期に
来ているのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。