上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の6月からやっているある否認の刑事事件の尋問が,今日ようやく終わりました・・・。

8月の末ころから今日までの約1か月超の間に,検察側証人4人の尋問と被告人質問の
計5回の尋問をやりました。

一般に尋問の準備は,刑事事件にしろ民事事件にしろ,かなり大変なものです。
それを5回分準備するのは,相当大変です。
特に,この事件は,被告人や証人の内の何人かは外国人だったので,余計に大変でした。。

法廷では勿論,被告人との接見の際も通訳さんに来てもらいます。

私が質問したことを通訳してもらい,被告人や証人が回答したことをまた通訳してもらう
という流れで進めるので,日本人同士のやり取りの倍の時間がかかります。
また,必ずしも,こちらの意図どおりに通訳がされるとは限らないため,
ピントの外れた答えが延々と返ってきてしまうこともあり,精神的衛生上も良くありません。。

過去に一つの事件で,6人の尋問をやったこともありますが,多分今回の方が質量共に
大変だったと思います。

身が削られただけでなく,書類を入れて運ぶカートのタイヤも削られてしまいました・・・。

というわけで,今日は,ちょっと放心状態の山田です(笑)

ただ,尋問が終わっても,その尋問の調書を踏まえて最後の弁論を書かなければいけません。
もう少しの間頑張ります!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。