上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近,立て続けに証人尋問をやった中で気づいたことがあります。
それは,証人尋問には,その人のコミュニケーション能力が如実に現れるということです。

証人尋問の理想的な展開は,あたかもピンポンのように,弁護士(あるいは,検察官,裁判官)
からの質問に,証人が端的でコンパクトな回答をして,質問と答えがスピーディーに繰り返されるという
流れで進んでいくことです。

しかしながら,証人がよほど頭の良い人でもない限り,そんなに上手く行くことは
滅多にあるものではありません。。

よくある悪い証人尋問の例を,いくつか挙げてみます。


1 質問と回答が被ってしまう

人の質問が終わっていないのに,答えを言ってしまうパターン。
これは非常に多い印象です。
「答えなきゃ。」とか「話したい。」という気持ちが先行してしまうせいでしょうか。

しかし,これでは,聞いていて分かりづらい上,録音を反訳する業者の人が,
せっかく答えた内容を聞き取れず,正確な尋問調書を作成することができなくなって
しまう点で致命的です。

気になったときは尋問の途中でも注意するようにしていますが,しばらくすると,
また元に戻ってしまうことも多いです・・・。

2 答えに辿り着くまでに長い

質問に端的に答えてくれないパターン。

たとえば,「あなたは,その日,被告人に会いましたか。」という質問に対しては,
「はい,会いました。」あるいは「いいえ,会ってません。」というどちらかの
回答が求められています。

しかし,これはお年寄りに多いのですが,「えーと,その日は,朝起きて○○をして
から××に行って,そこで○○をした後△△さんに会って・・・・・」と
その日の経緯を延々と数分間に渡って話した挙句に,「夜になって,被告人に会いました。」
ようやく答えに辿り着く人。

これの応用パターン(?)として,ひどいのになると,累々と経緯を話している
内に,最初に聞かれた質問を忘れてしまい,その日起きた自分にとって印象的な
(しかし,事件にとって,何の意味もない)事実を話し始め,
ついぞ回答に辿り着かない場合もあります(>_<)

近年の裁判では,証人尋問はかなり厳格な時間の制限があるので,こんな回答の仕方を
されては,必要なことが聞けずに終わってしまいかねません。

3 聞かれていないことまで話す

先ほどの「あなたは,その日,被告人に会いましたか。」という質問に対して,
「はい,会いました。」と答えるだけでなく,「すると,被告人は,私に向かって
歩きながら○○○と言って,ナイフを振りかざし・・・・」などと,その後の
展開まで話してしまうパターン。
これも非常に多い印象です。

これでは,聞き手である裁判官(あるいは裁判員)は聞いていて分かりづらいですし,
重要な事実とそうでない事実の仕分けができず,重要な事実がぼやけてしまう
ことにもなりかねません。

そのため,私は,こちら側の証人や本人に対し
「質問に対する回答は,原則3秒以内で」
と強く指導するようにしていますが,なかなか守れる人はいないものです。。

4 聞かれていないのに勝手に話し始める

これが問題外なことは,論を俟たないですね。。
もはや,「証人」という立場から外れてしまっています。

「被告人には,その日に会いましたが,その1週間前にも会って,そのときは・・・・」
というような,聞かれたことから勝手に連想を広げて,外れた答えを繰り出す人も
このパターンの亜種といえます。


以上,いくつかのパターンを挙げてきましたが,いずれも,問いに答える姿勢がない,
聞き手のことを考えていないという独りよがりな姿勢に共通点があります。

裁判官には気が短い人もいて,上記のような回答パターンに接すると露骨にイライラし始め,
証人を叱り飛ばすこともあります。
ただ,それでも,なかなか改まらないことが多いです。

証人尋問をしていると,普段,その人が人とどのようなコミュニケーションをしているのか
が分かって,大変興味深いです。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。