上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.22 「都会の森」
私が高校3年生の夏ころに,「都会の森」というドラマがありました。

高嶋政伸さん演じる司法修習を終えたばかりの新人弁護士が主人公で,
父親の検事役に佐藤慶さん,事務所の先輩弁護士役に黒木瞳さんと田中美佐子さん,
友人の記者役に江口洋介さん,修習同期の弁護士役に財前直美さん,事務員役に
水野真紀さん,切れ者検事役に伊武雅人さんと,バブル期らしく(笑)豪華なキャストを
揃えたドラマでした。

当時の私は,弁護士になる前提として法学部へ入学するために受験勉強に
励んでいたのですが(すいませんウソです。本当は,かなりいい加減な受験生でした。。),
将来の仕事のイメージをつかむためにという口実を作って勉強から逃れるため
観るようになりました。
当時は,弁護士が主人公のドラマが珍しかったこともあり,弁護士を志してから
初めて観た弁護士のドラマや映画だったと思います。

まあ,正直言ってしまうと,上記のような豪華なキャストを揃えたわりに,
結構グダグダな展開だったため,途中で飽きてしまい,最後の2~3回は観ずに
終わってしまいました。。
当時の高嶋さんは,演技がまだまだ発展途上で,ドジな新人弁護士を演じようとして,
必要以上にコミカルになってしまっていたのもあまり印象が良くなかった理由かも
しれません。

このようにあまり印象が良くないドラマだったのに,未だに忘れないでいるのは,
弁護士を志してから初めて観たドラマという以上に,主題歌に使われていた徳永英明さんの
名曲「壊れかけのRadio」の印象が強いからだと思います(ご本人も,チョイ役で
ドラマに出演してました。)。

当時の私は(今もですが),全くと言っていいほどJ-POPを聴かなかったのですが,
この曲は大好きになり,しばらくの間レンタルしたCDからダビングしたカセットテープを
繰り返し聴いていた覚えがあります(ああ,懐かしいですねカセット。。)。

そんなわけで,やや残念な弁護士ドラマだったのですが,実際に弁護士になった今
改めて観てみると,新たな発見があって面白いかもしれませんね(更なるダメ出しになっちゃうかも
しれませんが。。)。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。