上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日,さる筋からご紹介いただいた方の法律相談をお受けしました。

事務所のドアを開けて入ってきたその方と挨拶をしたとき,お互い「アレッ??」
という感じになりました。
どこかでお会いしたことがある気がしたのですが,それはその相談者さんも一緒のよう。

法律相談の支度をしながら,「うーん,どこでお会いしたんだろう??」と
考えてみたのですが,多分どこかで法律相談をした方だろうという程度しか思い出せません。
そこで,「どこかでお会いしたことありますよね??」と聞いてみたところ,
2か月ほど前に,某所で私から法律相談を受けたとのこと。
それを聞いて,そのときの記憶が一気に甦りました。

どうりで,紹介者の方から事案の概要を聞いたときに,やけにデジャ・ヴュ感が
あったわけです^_^;

しかし,某所で私の担当に当たる確率はかなり低いはずですし,
紹介される弁護士が私である可能性も,前者ほどではないにせよ結構低い確率のはず。
なので,その双方が一致する確率は極めて低いはずです。
私も相談者さんも,不思議なご縁に深く感銘を受けた次第です。

でも,こういうことがあると,一つ一つの法律相談を,これまで以上に丁寧に
やらないといけないなと思います。
先の私の相談がグダグダだったり,いい加減だたっりしたら,せっかく再会できても,
気まずい空気が流れるだけですからね・・・・。

弁護士登録5年目ともなると,良くも悪くも法律相談に慣れてしまっているので,
今回の出来事でいい意味での緊張感が生まれて良かったです!



関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。