上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私も,そろそろ老後のことが気になるお年頃になってきました。
というわけで,最近,色々なところから送られてくる各種保険の資料に
目を通すようにしています。

そうこうしている中で気になったことがあります。
保険会社の作成する資料が非常に分かりづらいのです。

そもそも,保険への加入を検討している人は,その保険がどう効果を
得られる保険なのか(死亡時に保険金を受け取れる保険なのか,一定の年齢に達した場合に
年金形式で受け取れる保険なのか等々)を一番知りたがっているはずです。

次に知りたいことは,保険に加入することにより,どのくらいの負担が生じるか
ということだと思います。

しかしながら,保険会社作成の資料を見ると,その保険に加入するメリットだとか(節税効果
とか)保険料が割安だとか,キャッチフレーズ的な言葉のオンパレードで,その保険の内容
の端的な説明が書かれていないものが多いです。

保険会社にとってみれば,そんなことは当然のことなので,一々書くまでもないと考えている
のかもしれませんが,保険についての知識が少ない人間からすると,細かい字で書かれた説明文を
読み込まないと,保険の全体像がつかめず,非常にストレスが溜まるものになってしまっています。


やはり,他人に物事を理解してもらうためには,分かりやすい説明が必要です。
ともすれば,「分かりやすい」というと,言葉が平易であるとか,図や表を多く使うとか,
安易な方向に流れてしまうことが多いですが,実際は,その物事の本質部分を,
ムダを排して可能な限り端的に表現することだと思います。

保険の説明であれば,できれば一文で,それがムリでもA4用紙一枚で,上記の
2点の内容について説明してあることが重要でしょう。


これは,何も保険についての説明だけに限ったものではなく,我々弁護士の作成する
書面も同様だと思ってます(勿論,訴訟の書面がA4用紙一枚で収まるわけも
ありませんが。。)。

弁護士になり立てのころは,やはり書かないと不安があるため,必要以上に
長い書面を書いていましたが,読まされる裁判官からすると,
非常にストレスが溜まったと思います(裁判官の皆様ごめんなさい。)。

そのため,最近は,書面の内容をスッキリ分かりやすくするため,一度書き上げた書面を
しばらく後にチェックし直し,どんどん内容を削っていくということをやっています。

一読了解の書面を目指して,これからも頑張っていきたいと思います!!







関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。