上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本テレビのドラマ「明日,ママがいない」が各方面から批判を受け,スポンサー
降板や番組内容の変更,ついには謝罪にまで追い込まれたようです。

「明日、ママがいない」 日テレ、養護施設団体に謝罪

私は,同ドラマを観たことがないので(というか,自宅にテレビがない。。),
その批判が妥当なのかどうかよく分かりません。
なので,この問題について意見を言う立場にはありません。

ただ,この騒動をニュースで知ったとき,思い起こしたたことがあります。
それは,「ドラえもん」に出てくるジャイアンの妹ジャイ子のことです。

「ドラえもん」の劇中には,ジャイ子の本名が出てきません。

数年前にテレビ番組(当時は,実家暮らしだったのでテレビがあった。。)で,
藤子・F・不二夫先生の関係者が語ったところによると,これは付け
忘れていたわけではなく,藤子・F先生があえて付けなかったそうです。
本名を出すことによって,ジャイ子と同じ名前の女の子がいじめられてしまうことを
恐れたからだそうです。

先生ご本人が故人のため,その話の真偽を確かめることはできませんが,
もし本当の話だとすると,自分の作品の持つ影響力をものすごくしっかりと
イメージされていた方なんだな~と感心します。

私は,「明日ママ」の制作側が,他人を傷つけるためにドラマを作ったとは思いません。
ドラマですから,大なり小なりの誇張があってもいいと思います。
騒がれることも計算の内で,あえて騒がれることで問題を提起するという表現手法
も十分ありだと思います(同ドラマがそうなのかは分かりませんが。)。

ただ,「明日ママ」の制作側にも,藤子・F先生と同じくらいのイマジネーションが
あれば,ここまで騒がれることはなかったのかな~と思ってしまったのも事実です。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。