上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近,横須賀にある裁判所(横浜地裁横須賀支部,横浜家裁横須賀支部,
横須賀簡易裁判所の合同庁舎)に行く機会が多いです。

横須賀の裁判所は,以前は京急線の県立大学前駅近くの山の上にあり,大変不便だったのですが,
昨年横須賀中央駅付近に移転したため,かなりアクセスが良くなりました。

大船駅から横須賀中央駅は,大船駅から横浜駅に行くのと同じくらいの距離なので,
直線距離としてはかなり近いのですが,いかんせん交通の便が悪いです。

ルートとしては・・・

1 大船駅→(横須賀線)→逗子駅→(徒歩)→新逗子駅→(京急線逗子線)
→金沢八景駅→(京急本線)→横須賀中央駅

2 大船駅→(東海道線・横須賀線)→横浜駅→(京急本線)→横須賀中央駅

3 大船駅→(東海道線・横須賀線)→戸塚駅→(横浜市営地下鉄)→上大岡駅
→(京急本線)→横須賀中央駅

4 大船駅→(京浜東北線)→新杉田駅→(徒歩)→杉田駅→(京急本線)
→横須賀中央駅

5 大船駅→(横須賀線)→横須賀駅→(バス)→横須賀中央駅

といくつもあるのですが,所要時間に大差ありません。
乗り換えの手間が一番少ないのが5なのですが,いかんせん横須賀駅まで行く
(久里浜行き)横須賀線の本数がすごく少ない。。
というわけで,私は,料金が一番安い1のルートを基本にしつつ,久里浜行きの電車が
あるときは,5のルートを利用しています。

横須賀線の横須賀駅の周囲は全く開けておらず,すぐ近くが港になっています。
お店も申し訳程度にあるだけ。
市街地は,横須賀中央駅周辺に集中しています。

何でこんな所に駅を作ったのか,横須賀中央駅付近を経由させなかったのか
疑問に思いますが,これは,横須賀線が軍事用路線として敷設された経緯に
よるもののようです。
横須賀線は,東海道線を使って運ばれてきた軍事用物資を,大船駅を経由して
横須賀軍港に運ぶための鉄道ルートとして敷かれたものなので,市街地を経由する
理由がなかったのですね。

ちなみに,戦前の大船駅が軍事上重要なポイントだったため,周辺には海軍燃料廠が置かれていたり,
大して開けていなかったにもかかわらず,軍事用道路として大きな道路が通ったり
したようです。


・・・とまあ,そんな経緯や歴史に思いを馳せながらも,やっぱり横須賀中央駅への
アクセスをもう少しなんとかして欲しいな~と思う今日この頃です。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。