上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のブログに,「中学2年生は,私の人生のターニングポイント」と書きました。
今日は,そのことについて書こうと思います。

昨日のブログ↓
中学校の先生を囲む会


実は,小学生から中学1年生までの私は,勉強が大嫌いで,自宅で勉強する時間は
限りなくゼロに近い状態でした。
宿題出されてもろくすっぽやらないという体たらく。
当然,学習塾の類も行ったことすらありませんでした。

それでも,学校の勉強についていけないことはなかったし,そんなに成績が悪い
わけでもなかったため,余計に勉強しないという悪循環に陥っていました。
中学では部活がキツかったため,授業中居眠りばかりしていたのもいけなかったと
思います。。

ところが,中学2年生になり,科目によっては(特に英語)授業の内容が全然
理解できなくなってきました。
そのため,成績も急降下し,中学校2年生1学期の成績は,それはひどいものでした・・・
アヒルさんが沢山泳いでいた気がします・・・orz)。
当然のことながら,その状態は2学期に入っても変わりませんでした。

ちなみに,当時の神奈川県の県立高校の入学判定はというと・・・
①中学校2年生の学年末の成績と中学校3年生の2学期の成績から算定した内申点が50%
②入学試験が30%
に加えて
③当時中学校2年生の年度末に行われていた9科目の「アチーブメント・テスト(ア・テスト)」
という試験の結果が20%
以上①~③を総合した点数から判断されていました。

つまり,中学2年生終了時点で,公立高校については自分の進学できる学校がある程度
決まってしまったわけです(それについては,批判も強くありましたが。)。

私が2学期の中間テストの状態ままで突き進むと,中学2年生の年度末の成績は勿論,
ア・テストの結果も目に見えていました。
さすがの私も,「本気でヤバイ」と思うようになりました。
多分,人生で初めての「本気でヤバイ」がこのとき訪れたのです。

どの位ヤバイかというと,その後数年に渡り,
そのときのヤバイと思った状況が夢に現れて,うなされてしまったほどです。。。

何とかしないといけないと思った私は,身近な友人にどうやって勉強しているかを
聞いたところ,そこそこ以上の成績を取っている友人は,みんな塾に行っていることが
分かりました。
そこで,私も,あれほどまでに嫌がっていた塾に通うことにしました。

大船駅を中心として塾は沢山ありましたが,比較的近所にあって,同じ中学校の友人
が沢山通っていた塾を選びました。
時期は,たしか2学期の10月ころ,2学期の中間テストがすぐそばまで迫ってきていた
ころだったと思います。

「何とかしなくちゃ。」と滝つぼにダイブする気持ちで飛び込んでいきました。

・・・次回に続く
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。