上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今,初めての裁判員裁判をやっています。
月曜日から公判が始まり,今日の午前中の弁論手続で結審しました。

以前から,ずっとやりたいと思っていたのですが,なかなか実現せず,今回の事件で念願叶ってやることができました。
事件を受任した去年の夏から,裁判員裁判を何度も経験している同期の友人に頼んで共同受任してもらい,準備を進めてきました。
公判前に行われる「公判前整理手続」と呼ばれる事前準備手続きでは,勝手が分からず,戸惑うこともあったのですが,いざ公判が始まると,開き直って全力でぶつかることができた気がします。

我々弁護士は,パブリックイメージほど,話して他人を説得するような場面がありません。
日本の裁判では,書面によって審理が行われるのが通常で,口頭による審理が形骸化しているからです。
なので,日本の弁護士は,今まで口頭でのプレゼンテーション能力を磨く機会や必要性があまりありませんでした。

しかし,裁判員裁判では,そういうわけにはいきません。
短期間に一気呵成で審理が行われるので,今までのように,膨大な量の書面で主張や立証を行うことはできません。
そのため,口頭での審理が中心になりますが,何せ,法律については知識のない一般の方々を相手にして,法律問題について説得する必要があるわけです。
それまで,法律家同士で共通認識があったところから説明していかなければいけませんし,難解な法律用語も分かりやすく噛み砕く必要もあります。
今回最終弁論を作るにあたっても,その点に非常に気を遣いました。

今日の,最終弁論では,裁判官・裁判員等に配布する資料の他,事前に読み上げ原稿を作った上で,声のトーンや話すスピードををコントロールしたり,あえて間を作って聞き耳を立てさせたり,要所要所で身振り手振りや動作を交えたり,アイコンタクトを多用したりして,できる限りの工夫をこらして約40分間弁論をしました。
裁判員の方々も,度々頷きながら聞いてくれていたので,そんなに悪くなかったんじゃないかと(勝手に)思っています。

今回やってみた感想としては,準備が大変でムチャクチャに疲れる・・・
でもすごく楽しい!!
近いうちに,是非またやりたいと思いました。

とりあえず,溜まった疲れを取りながら,来週の判決を待とうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。