上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
珍しく,前回更新から短期間で更新します^_^;

昨日,高校時代の部活(軟式テニス部)先輩方と集まって食事をしました。
私より2つ上の先輩が中心で,中には先輩方の卒業式の日から26年以上ぶりに会う先輩も数人いました。

2つ上の先輩方とは,私が入部してから2~3か月程度しか一緒に部活をしていなかったため,私のことを覚えていない先輩もいました^^;
今も,昔も,地味で存在感が希薄だったようですね♪

・・・・さて,一次会のレストランから,比較的近くにある先輩のご自宅に場所を移し,飲みなおしていたときのこと。
私の兄弁(同じ事務所出身の先輩弁護士のこと)に,同じ高校出身の方がいらっしゃるのですが,その兄弁の弟さんが,やはり同じ高校出身で,私の2つ上の先輩だということを以前聞いていました。

そして,昨日いらっしゃっていた2つ上の先輩に,その兄弁と同姓の方が・・・・

もしや??

と思い,その先輩に聞いてみました。

山:「○○さんの代に,もう一人○○という苗字の男子っていましたか?」

先:「いや,いないと思うけどなぁ・・・どうして?」

山:「実は,私の同じ事務所出身の先輩弁護士に,○○という苗字の方がいらしてですね。私の2つ上に弟さんがいるそうなんですよ。その方の名前は,△△というのですが・・・」

先:「え゛っ??!!△△って,オレの兄貴じゃんΣ(゚Д゚)」

山:「エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!? 」


一緒に部活をした期間が短かく,「○○」という苗字すら記憶の奥底に眠ってしまって,思い出せなかったせいもありますが,たとえ思い出したとしても,あまりに身近すぎて疑いもしなかったかもしれません。。

人のご縁の不思議さに,たいそう驚かされた出来事でした・・・


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。