上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事務所命名物語のその4です。
想定よりも長くなってしまいました。。次回が最終回の予定です。

その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら

とりあえず,「鎌倉~」か「鎌倉○○~」かどちらかにしようと候補を絞りました。
正直,「鎌倉法律事務所」の方がシンプルでインパクトも強いと思いました。

しかし,最大の疑問が頭をよぎりました・・・・

どうして,こんなベタな名前,今まで誰も使っていなかったのよ??!!


そこで,横浜弁護士会に電話をかけて,「鎌倉法律事務所」の名称が使えるのかどうか,
担当者に確認しましたが,問題ないとのこと。

しかし,それでも疑心暗鬼になってしまい,使ったらダメな
「地雷」名なのではないかという疑問は消えず・・・

①鎌倉周辺の弁護士同士で,「鎌倉法律事務所」の名前は使用しないという
申し合わせができているのではないか。

→戦後すぐの「横浜大学」命名騒動から想起してしまいました。。

②昔の偉い先生が「鎌倉法律事務所」を使用していたので,
後世の弁護士が遠慮して使用しないのではないか。

→プロスポーツの永久欠番みたいなの??

③昔,どうしようもないダメ弁護士が使用していたので,
縁起悪くて誰も使わないのではないか。

→イギリスの「ジョン王」みたいな感じ。。

④使ったら大変なことになる呪われた事務所名なのではないか。

→・・・・・。

などと,色々なことを考えて日和ってしまい,「鎌倉○○~」という
名前で検討することにしました。
この時点で,既に今年(平成24年)の3月半ば。
開業まで,あと半月と迫ってしまいました。。


次回の最終回(その5)につづく
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。