上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とうとう事務所命名物語も,今回で一応の完結となります。

その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら
その4はこちら

事務所開業の半月前になり,「鎌倉○○法律事務所」という名前にしようということなって,
「○○」にあたる部分を考えることにしました。

しかし・・・・・

ろくなのが思いつかないんですよね,これが。。


思いついたものをいくつか挙げてみると

①「鎌倉総合(綜合)法律事務所」

→「地名+総合(綜合)」は法律事務所名として王道なんですが,
「鎌倉」も「総合」も堅いイメージなので,被せると尚更堅苦しい。
なにか息苦しさすら感じてしまいます。。

②「鎌倉市民法律事務所」

→何だか,鎌倉市民のための法律事務所と誤解されそうですし,所謂
左よりの事務所と勘違いされるおそれもあります。

③「鎌倉みどり法律事務所」

→鎌倉には緑が豊かなので,何となく思いついたのですが,
ありがちな上,「みどり」が漠然としすぎて,何がいいたいのかよく分かりません。。

④「鎌倉りんどう法律事務所」

→市花の「リンドウ」から考えましたが,リンドウが一体どうしたというのだ。

⑤「鎌倉さくら法律事務所」

→同じように,市木の「ヤマザクラ」から取りましたが,ありがちですし,季節感があり過ぎ。。


⑥「鎌倉ビリーブ法律事務所」

→「鎌倉」と横文字がおそろしいほどにマッチしないということに,嫌というほど
気付かされました。。

⑦「鎌倉観音法律事務所」

→言わずもがな,「大船観音」から取りました。
何も言わないで下さい。多分疲れていたんです。。


まあ,こんな感じでした・・・。


そうこうする内に,開業まで10日を切ってしまいました。
そろそろ名刺や封筒の発注をしなければ,開業に間に合いません。

ところが,開業準備で心身ともに疲れていたこともあるのでしょう,考えれば考えるほど
ろくな名前が浮かんでこなくなり,その内脳死状態に陥ってしまいました。。

そのため

もうどうでもいいや。
使ってて不都合があったら,変えればいいしっ。


と,半ば投げやりの状態で,「鎌倉法律事務所」で弁護士会に申請を出してしまいました。

まあ,こんな感じで事務所名が「鎌倉法律事務所」に決まったというわけです。

*****************************************

ところが,申請をしてすぐに,神奈川県某所の「○○(地名)法律事務所」という名前が
物議をかもし出し,結局事務所名を変更せざるを得なくなったという話を聞いてしまい
ました・・・。
そのため,申請が通って,無事独立開業にこぎつけた後も,気が気でなりませんでした。

しかし,幸いなことに「鎌倉法律事務所」を名乗り始めて,もうそろそろ半年ですが,
未だ同業者から文句を言われたことはありません。
それどころか,色々な人から羨ましがられてます(笑)

本当にたまたま誰も使っていなかっただけのようで,非常にラッキーだったと
思っています。
これからも,古都鎌倉の名に恥じぬよう頑張っていこうと思います!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。