上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事では,身に覚えのない犯罪を自白してしまう構造について
書きました。

前回の記事はこちら

今回から,身に覚えのない罪で捕まってしまった場合の対処法についてシリーズで
書いていきたいと思います。


その1 身体拘束の期間を意識すること

通常は,逮捕された後,おおまかな取調べをして,事実の概要について書かれた
調書を作成することがほとんです。
その後1日~2日してから,検察庁に行き,ここでも簡単な調書を作成し,
その後裁判所で裁判官からサラッと事情を聞かれてから,「勾留」と呼ばれる
身体拘束が始まります。

この勾留は,原則勾留開始日を含めて10日ですが,一度だけ10日間延長できる
ことになっており(一部の犯罪については再度5日間の延長ができます。),
実務上は延長されることがほとんです。
そのため,身体拘束が続区期間は,逮捕されてから22日前後で,
最初に裁判所に連れて行かれた日からは,その日を含めて20日ということになります。

つまり,逮捕されてから約22日間頑張り続け,その終わりの時点で起訴され
なければ(ここが重要),必ず身体拘束から解放されるということです。

何度か捕まって刑事手続を熟知している人ならともかく,身に覚えのない
罪で捕まってしまった方は,そもそも身体拘束の期間がどの程度
続くのかよく分からず,永遠に続く気すらしてしまいます。

そのため,捜査官の「認めたら出してやる。」とか「認めないと,
このまま刑務所行きだ。」という言葉を信じ込んでしまい,ウソの自白
をしてしまうことが往々にしてあるのです。

ですから,捕まってしまったら,まず自分の身体拘束期間の終了時点を意識して
下さい。
出口が見えないから,不安になるのであって,
ゴールさえ分かれば,頑張る気力が湧きます。


次回は,調書への署名・押印の重要性について書こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。