上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近,ややお堅い記事が続いていたので,今回はちょっと軽めなネタで。

この業界には,「弁護士時間」という言葉があります。

これは,弁護士が時間を守らないことを自虐的にいう(時には裁判所等から,侮蔑的に
呼ばれる)ときの言葉です。

以前は,弁護士は,分刻みで忙しく仕事をしていることが勲章であるかの
ように言われ,スケジュールを組むときも,ギチギチに詰め込んでしまうために,
どんどん時間が押してしまって,お客さんを30分から1時間くらい待たせることも
平気な風潮があったようです(病院の診察予約に通じますね。。)。
昔は,裁判の期日にすら,平気で遅刻するような弁護士も結構いたようです。

弁護士の社会的ステータスの低下や,一般市民からの視線の厳しさにより,
最近は多少は改まったようで,裁判期日に遅刻するような弁護士こそ
少なくなりました。

それでも,法廷に時間ギリギリに駆け込んでくる弁護士は非常に多い気が
しますし,待ち合わせ時間を守らない弁護士は非常に多いです。
特に弁護士登録後20年以上経ったようなベテラン弁護士には,その傾向が
顕著な気がします。

そのため,結構時間に几帳面なところがある私にとっては,この業界は
非常にストレスが溜まります。。

しばらく前ですが,裁判所の第1回口頭弁論期日に出廷したところ,
相手方の弁護士2人の内,若手1人だけ出廷しているのですが,
そのボスであるベテラン先生が来ません。
東京の先生で,自動車で移動中とのこと。
若手先生や裁判所書記官が相手方弁護士に連絡を取ろうと試みますが,
移動中のためか電話に出ない模様。

すると,期日の時間から15分くらいして,
「いやー,渋滞にはまってしまって,遅くなりましたー。」と言いながら,
ベテラン先生がやって来ました。。

それを聞いた私は,

「来る前に,道路情報確認すりゃ分かるだろ,そんなこと!!」
「ギリギリで来ようとするからだろっ!!!」


という心の叫びとともに

秘儀「音の聞こえない舌打ち」

を繰り返し,宮本武蔵を気取った(?)ベテラン先生のじらし戦術を
何とかかわしました。


ていうか,そんなことやってたら,この業界に未来はないと思うのです。

「時間を守る弁護士!!」
なんていうのが,キャッチフレーズになったらお終いですね。。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。