上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか唐突なタイトルの記事で申し訳ありません・・・汗

私は,絶対に長生きしようと心に決めています。

子どものころから,自分は長生きするんだろうな~という気持ちが漠然とありました。
私自身の親族に,長生きが多いせいもあるのかもしれません(ちなみに,祖父母4人の内,
戦死した父方の祖父を除く3人は,90を超えた現在でも存命です。)。

ただ,長生きをしたいと思うようになったのは,司法試験に合格したころのことだと思います。

私が司法試験に合格したのは,35歳になってからです。
そして,弁護士登録したのは37歳になる直前です。

つまり22歳で大学を卒業してから,一応の社会人になるまでに15年近くを
「棒に振った」(私自身は,自分自身を叩き直す期間として必要だったと思っており,
必ずしも無駄な時間だったとは思っていませんが,客観的に見たらやはり無駄な
時間かと思います。。)ことになります。

司法試験に合格したはいいものの,落ち着いて周りを見回すと,
同級生達は,既に会社等でそれなりのステイタスを築き,家族を持ったりしていました。
受験中は,毎日がむしゃらだったので,あまり考えませんでしたが(考えたくなかった
ということもあります。),自分がようやく社会人の仲間入りをしようとする時点になって,
自分が失った時間の大きさを思い知り,愕然としたわけです。


しかし,失った時は,二度と戻りません。

そこで,山田は,少ない知恵を絞って考えました・・・・


う~~~~ん

・・・・・・・・・・・・・・・・


んっ??!!

そうか!!!

人より15年長生きすればいいんだ!!!



ハイ,というわけで,現在の日本人男性の平均寿命が約80歳であることに鑑み,
少なくとも95歳まで生きることに決めたのです。


しかし,単に長生きするだけではダメです。
自分が失ったのは22歳から37歳までの15年間なのです。
要介護の状態や痴呆症になって15年間長生きできたとしても,失った15年間に
見合うものとはならないからです。

そのため

1 85歳まで弁護士業を続ける覚悟で仕事に臨む。
2 90歳を過ぎても健康体でいるよう,体のメンテナンスをすることを怠らない。
3 痴呆症になりにくいよう,常に新しいものに触れたり,人とコミュニケーション
を取ったりするよう心掛ける。


という日常の目標ができました。

その後,2と3については,そこそこ実現できているのかと思います。
そのため,幸いなことに40過ぎても,健康診断で引っかかったことはありませんし,
体重も15年前とほとんど変動がありませんし,物忘れをすることもあまりありません。

一番難しいのは,1かもしれません。
実際,80歳を過ぎて弁護士登録をされている方は,現在の日本でもかなりの数
いると思いますが,その内「現役」として業務をこなしている弁護士は限られてくると思います。

勿論,2と3を継続した結果,健康体で頭がしっかりしている80歳になれたとすれば,
物理的に85歳くらいまで「現役」の弁護士を続けることはできるかもしれません。

しかし,いくら健康で頭がしっかりしていたとしても,高齢な弁護士には
なかなかお客さんがつきにくいというのが現実です。
本人にいくらやる気があったとしても,仕事がなければ廃業せざるをえません。
これからは,高齢になっても,お客さんをつかんでいくような弁護士のあり方について
も研究していかなくてはいけませんね。


・・・とまあ,こんな風にオーバー95までの生活を考えていると,現在の小さな
悩みなんかどうでも良くなってくるから不思議です(笑)


今後,一層の高齢化社会が進む日本では,単に老後のことを考えるだけではなくて,
ある程度若い内から,毎日毎日が自分の老後の生活を作っていくのだという覚悟と気概を持って
生きていった方がいいかもしれません♪


↓ ランキング用バナーですので,よろしければ,クリックして下さいね♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。