上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の4月1日から,横浜駅西口の鶴屋町にあるTSプラザビルディングに,
その名も「横浜弁護士会 横浜西口法律相談センター」ができました。

横浜弁護士会の法律相談は,関内にある弁護士会館内の総合法律相談センターを
はじめとして,川崎,横須賀,相模原,県西の各弁護士会支部,横浜そごう内に
ある東口相談センターで行われていました。

ところが,中心的存在であるはずの弁護士会館が,一般の方からするとややアクセスしづらい場所
にあるのではないかという議論が従前からあり,多数の公共交通機関が集中している
横浜駅の近くに法律相談センターの機能を移そうということになったのです。

そして,今日,できてから初めて西口相談センターで法律相談を担当することになり,
行ってきました♪
法律相談室が4つあり,受付や待合室もスッキリとしていて,中々いい雰囲気なのでは
ないかと思いました。

ところで,この西口法律相談センターの入っているTSプラザビルディングには,
忘れられない思い出があります。

以前,このビルには某大手司法試験予備校の横浜校が入っていたのですが,
私は,司法試験受験生活の最後の2年間を,その予備校の自習室で勉強していたのです!

平成17年度の旧司法試験に不合格となってしまい,翌年度(平成18年)の
旧司法試験の合格者がそれまでの1500人から5~600人程度に減らされる
ことになってしまったため,私は,翌年度の合格を果たすべく,それまでの勉強方法,
生活態度,その他を全て見直すことにしました。
その一環として,それまで自宅で勉強していたのを改めて,どこかの自習室を
利用しようと考えました。

いくつかの予備校や有料の自習室を見学させてもらい,最終的に一番環境が良さそう
だったその予備校の自習室を選びました。
教材や六法を置くため,ロッカーの申込もしました。
ロッカーの利用申込をするには,講座か何かを受講しなくてはならないということで,
よく覚えていないのですが,何か安い講座を選んで受講した覚えがあります。

それから,アルバイトの日を除いて,ほぼ毎日のように,
自習室の開く午前9時前ころに行き,自習室の閉まる午後9時ころまで,
そこで勉強するという生活が続きました。
自習室にいる間は,お昼とおやつ(時々夕食)を食べる以外は,ほとんど勉強していました
(多少の休憩はしましたけど。。)。
今から考えると,よくあれだけ勉強を続けたもんだと,自分のことながら感心して
しまいます。

残念ながら,平成18年度の司法試験は,論文試験の合格点に0.03点(この数字
一生忘れられません・・・・。)足りず,僅差で涙を飲みました。
しかしながら,かえって,このペースで勉強を続ければ,絶対翌年度(平成19年)には
合格できるという確信が生まれることになり,そのまま,自習室に通い続けて,
平成19年度の司法試験には無事合格することができました(ヤレヤレ)。

自習室で過ごした2年間は,精神的にも肉体的にも大変だったはずですなのですが,
生まれてから経験したことがないほど(そして,今後も経験することがないほど),
わき目も振らず勉強に集中していたせいか,もの凄く充実していて楽しかった気がします。

「オレは,こんなに勉強することができて,なんて幸せなんだっーーーーー!!」
と鬱陶しいほどにハイテンションな毎日でした。。

あのときの2年間が,今この仕事をする上での重要な基盤を作ってくれたと思ってます。
ですから,あの自習室や予備校には,本当に心から感謝しています。


ところが,大学受験と同じで,一旦試験に合格してしまうと,受験のための予備校に
足を踏み入れることはなくなってしまうもの。。
あれだけ,毎日のように通っていたこのビルにも,司法試験合格後は2~3度本を
買いに来ただけでした。
その内,その予備校が校舎をこのビルから別のビルに移してしまったため,このビル
に行くことも全くなくなってしまいました。

そんな弁護士になることを夢見て通ったこのビルに,弁護士として法律相談をやりに来る
なんて!!
これは,正しく凱旋てやつか!!??


などと考えつつ,胸を張ってエントランスに入ったのですが・・・・


すぐに
私の受験生時代を知る人など,今このビルには誰もいない
という当たり前すぎる事実に気づいてしまいました・・・。


いいんだもん・・・,自己満でも・・・・(涙)





↓ ランキング用バナーです。よろしければクリックしてください♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。