上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩,当番弁護士として接見した方から被疑者刑事弁護の依頼を受けました。

まだ,逮捕されたばかりで,今日検察庁に事件が送られるということ。

依頼者は,ちゃんとした職に就いている方ですので,このまま勾留決定が出てしまうと,
最低10日間は警察署に身柄を拘束されてしまい,確実に職を失ってしまうことになります。
そのため,頑張って勾留請求を争いましょうということになりました。

警察署から事務所に戻って,大急ぎで裁判官に対する意見書(勾留の要件を欠いており,
勾留請求を却下すべきという内容。)を作成。
それを,裁判所にファックスして,裁判官への面接も申し込みました。

その後すぐに勾留決定がされた場合に備え,準抗告申立書の素案を作成。
その時点で午前2時過ぎになっていました。

自宅に戻って,シャワーを浴びて睡眠をとった後,午前8時過ぎころ事務所
に行き,警察署に電話して,検察庁へ身柄が送られたことを確認。
その後,依頼者の親族に電話して,更に事情を聴取しました。

検察官送致がされたころ(午前9時半ころ)を見計らって,検察庁に行き,弁護人選任届を提出。
台風接近に伴う大雨で電車が止まるかもしれないため,検察官への面接は諦めて,
すぐに事務所に戻り,準抗告申立書を完成させました。

その後お昼過ぎに,裁判官と電話で面接。
なかなか良い感触が得られました。


そして,先ほど裁判所に結果を確認したところ・・・・・


無事,勾留請求却下!!!!!


バタバタでものすごく疲れましたし,休日1日潰れましたが,それだけ頑張った
甲斐がありました!!
思わず,事務所で大声上げてしまいましたよ。。

やはり,被疑者刑事弁護は,初動が大切なんだなと実感しました。
これからも頑張ります!

↓ランキング用バナーですので,クリックにご協力お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。