上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みのもんたさんの二男が窃盗の容疑で逮捕されて,話題になっています。
みのさんの自宅がある鎌倉市も大騒ぎなようです(?)

みのさんの責任論とか,二男の素行とか,みのさんの会見がどうとか,
マスコミ上では色々な報道がされているようですが,類似の事件が起きるたびに,
いつも不思議に思うのは,当然に二男が窃盗をやった前提で報道がされていること。

この事件,まだ逮捕されてから間もない上,本人が調書への署名・押印を
拒否している状況であり,何が起きたのかなんて,まだ誰もわからないはずです。

それにもかかわらず,ネットで色々検索してみましたが,二男の被疑事実に
疑問を呈するようなマスコミの記事は,下記リンクの1件だけでした。

深まる謎…みのもんた次男は本当に盗みをはたらいたのか

このまま二男が処分保留で釈放され,結果的に不起訴になったとしても,
二男が窃盗で捕まったという記事は,一生残り続けるかもしれません。
それでも,マスコミは絶対に責任を取ろうとしないでしょう。

今までの数々の冤罪事件で,当初の警察発表を鵜呑みにして犯人呼ばわり
していたマスコミが,冤罪事件であることが判明した後に,
「当社の報道により,○○さんの名誉を著しく傷つけ,多大なる精神的苦痛を
与えてしまったことを深くお詫びいたします。」
というような謝罪文を載せていたことを見たことがありません(あるのかもしれないけど。)。


マスコミの事件報道は,警察発表や捜査関係者のリークの垂れ流しに過ぎないです。
そもそも,警察や捜査関係者に間違いがないのであれば,裁判なんて必要ありません。
そのことをよく理解した上で,マスコミ報道に接しないといけないと思います。

↓ランキング用バナーですので,クリックにご協力お願いします♪

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。