上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.08 一期一会
最近は,法テラスという機関ができたり,弁護士の数が(異常なほど)増えたり,
テレビに弁護士がタレントのように出演したりして,以前に比べて弁護士が
身近な存在になってきているようです。

しかし,未だ多くの人にとって,弁護士は,日常的に接するようなものではなく,
どこに弁護士がいるかもよく分からないのではないかと思います。
実際,私も,よく「弁護士さんに,生まれて初めてお会いしました~。」などと,
パンダ的な存在(?)のように言われることがあります。。

広いとはいえない大船の街にも,現在は5つの法律事務所があり,9人の弁護士が
いるのですが,多くの大船周辺の住民の方は,その存在すら知らないのでは
ないでしょうか。

また,大企業のように,日々法律問題と接しているようなところや
年がら年中犯罪を犯して警察にご厄介になっているような人はともかくと
して,多くの人にとっては,弁護士を必要とするような事態になることなど
あまりありません(ここがお医者さんと違うところですね。)。
一生に一度あるかないかというレベルではないでしょうか。

そのため,我々弁護士に依頼される方々,法律相談にいらっしゃる方々
にとって,その弁護士が人生で会う唯一の弁護士であるということも
よくあることなのだと思います。

裏を返すと,その人が受けたその弁護士の印象が,「弁護士」という職業全体の
イメージを決定付けることにもなりかねないという怖さがあります。

自分が唯一会った弁護士が誠実な人なら,「弁護士って誠実なんだ。」と思うでしょうし,
横柄なら,「やっぱり,弁護士ってエラそう。」と思うでしょう。
いいかげんな仕事をされたら,「弁護士って結構テキトーなんだ。」と思うでしょうし,
優しく接してくれたら,「弁護士って,以外に怖くないんだ。」と思うでしょう。

本当は,一般社会と同じく,弁護士にも色々な人がいるのですが,
何せ弁護士に会う機会や必要性自体が少ないのですから,その人が一旦弁護士に抱いた
イメージが消えることはなかなかないと思います。

その意味で,弁護士と依頼者は,正に「一期一会」なのだと思います。
我々弁護士は,日々色々な依頼者・相談者と接しているので,鈍感になって
しまっているところがありますが,相手にとっては,自分が唯一の弁護士
なのだという気概をもって,襟元を正して接していかなければならないと思いました。


そして,このことは依頼者に対してだけでなく,日常接する人全てに対しても
同じなのだと思います。

・・・・・・

ただ,私は,そこまで人間ができていないですし,そんなことをいつも考えていたら,
疲れてしまうので,自分が弁護士だということを極力アピールしないよう
今日も弁護士バッジを裏返してつけています。。

関連過去記事↓↓
弁護士バッヂが外れてる!?
自分の子供に名前を付けるときと同じく,法律事務所の名前を決めるときも
非常に頭を悩ませるものです。

以前は,弁護士の「氏もしくは氏名+法律事務所」や「地名+法律事務所」を名乗る
事務所が圧倒的に多かったようですが,弁護士の数の増加に伴って,
法律事務所の数も飛躍的に増え,法律事務所の名前もレパートリー溢れる
ようになりました。

日弁連の規定によると,名称に関する縛りは意外と少なく

・「法律事務所」を入れること
(ただし,弁護士法人の場合は,代わりに「弁護士法人」を入れること)
・同一弁護士会内の他の事務所と同じ名前をつけてはいけないこと
(ただし,自己の氏・名を使う場合等はOK)
・不正の目的で他の事務所と誤認されるような名称をつけてはいけないこと
・品位を損なう名称をつけてはいけないこと

くらいしかありません。

ところが,普通に考え付くような名称は,既に存在しているのが現実です。
そのため,考えすぎたせいでしょうか,某政党のようなキラキラネームを名乗る
事務所も少なくありません。。


最近よく見かける事務所名のパターンとしては,以下のようなものが挙げられます
(いずれも実在しません。念のため。)。

1 地名+イメージ単語パターン

地名に加えて,事務所のイメージを表すような単語を一言入れる
パターン。
たとえば,「鎌倉みどり法律事務所」,「大船リバー法律事務所」
のようなものです。

2 横文字一本勝負パターン

「マウンテン法律事務所」,「法律事務所プライド」のようなもの。

3 地名ひらがな・カタカナ化パターン

「かまくら法律事務所」,「ヨコハマ法律事務所」のようなもの。

4 ネット検索狙いパターン

インターネットでの検索ワード上位の単語をつなぎ合わせて
つけたと思しきパターン。
最近,東京等の大都市に見られるようになってきました。
具体例は出せませんが・・・。


私も,今年4月の独立に当たり,事務所名をどうするかが一番悩みました。
いかにして,「鎌倉法律事務所」に落ち着いたかは,また次回にでも書こうと
思います。



いきなりですが,私は,暑いのが苦手です。。
ですから,夏は,一年で一番辛い季節となります。
南国リゾート地は,他の人にとっては天国でも,私にとっては
地獄以外の何者でもありません。

それでも,今年の夏は,幾分過ごしやすい気がします。
日々の気温を見ると,とても冷夏とは言いがたいにもかかわらず,
このように感じるのは,きっと昨年・一昨年の記録的な暑さを
体が覚えているからではないかと思います。

やっぱり,人間慣れが肝心なのでしょうか。
まあ,それでも,南国に住んでみたいとは思わないですけれど。。

このまま,早く秋になってほしいと願う山田でした。
14日(土曜日)に,地元大船で中学時代の同窓会がありました。

各種SNSから呼びかけがスタートして,口コミで参加者が拡大し,
最終的には70人(!!)も集まる大盛況でした。
我々の学年は全部で350人程度でしたので,実に約5分の一が集まった
ことになります(スゲエ~)。

一部を除いて,中学卒業以来25年ぶりに会う人がほとんどでしたが,
やはり10代前半の多感な時期を一緒に過ごしただけあって,
会えばすぐに,当時と同じように接することができました。

皆さん,人間性の基本ラインに大きな変化はないような気がしましたが,
やはり25年の歳月により,それぞれ大きな成長を遂げ,深みを増していました。

外見については,当時と全然変わらない人もいれば,誰だかさっぱり
分からない人もいて,ほとんど「私は誰でしょう?」クイズ状態でした(笑)。
総じて,男性陣にあまり変化がなく,女性陣に著しい変化を感じました
(勿論,プラスの意味ですよ!)。

また,現在同じ中学校に戻っている当時の担任の先生方お2人が(1人は教頭先生!)
サプライズゲストとして登場して,会場が大いに盛り上がりました。

地元に戻り,独立開業して,すぐにこういう機会にめぐり合えたのには,
何だか運命的なものを感じてしまいます。
まだ地元や地元近辺に住んでいる人も沢山いたので,
できれば,これをきっかけとして,頻繁に会えるようになったら嬉しいですね。
今後は,こういう機会を,できるだけ大切にしていこうと強く思いました。
2012.06.01 事務所訪問
昨日と今日は,ちょっとした事務所訪問ラッシュです。

昨日は,私が司法試験受験生だったころの友人,今日は,近所の事務所の
先輩弁護士と同期の弁護士がそれぞれ別々に来てくれました。

事務所にはまだ片付いていないところもあるのでお見苦しいかったか
もしれませんし,大したおもてなしもできませんでしたが,
普段一人で黙々と仕事をしているので,たまに人が来て
くれると,良い気分転換になって嬉しいです!

また,第三者的な視点から,事務所について意見やアドバイスをくれたりするので,
色々参考になります。
みなさん口を揃えて言うのが,事務所の場所が分かりにくいので,看板や案内板等
を出した方がいいということ。
これはそのとおりだと思いますので,近いうちに大家さんとお話して準備しよう
と思ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。