上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今,初めての裁判員裁判をやっています。
月曜日から公判が始まり,今日の午前中の弁論手続で結審しました。

以前から,ずっとやりたいと思っていたのですが,なかなか実現せず,今回の事件で念願叶ってやることができました。
事件を受任した去年の夏から,裁判員裁判を何度も経験している同期の友人に頼んで共同受任してもらい,準備を進めてきました。
公判前に行われる「公判前整理手続」と呼ばれる事前準備手続きでは,勝手が分からず,戸惑うこともあったのですが,いざ公判が始まると,開き直って全力でぶつかることができた気がします。

我々弁護士は,パブリックイメージほど,話して他人を説得するような場面がありません。
日本の裁判では,書面によって審理が行われるのが通常で,口頭による審理が形骸化しているからです。
なので,日本の弁護士は,今まで口頭でのプレゼンテーション能力を磨く機会や必要性があまりありませんでした。

しかし,裁判員裁判では,そういうわけにはいきません。
短期間に一気呵成で審理が行われるので,今までのように,膨大な量の書面で主張や立証を行うことはできません。
そのため,口頭での審理が中心になりますが,何せ,法律については知識のない一般の方々を相手にして,法律問題について説得する必要があるわけです。
それまで,法律家同士で共通認識があったところから説明していかなければいけませんし,難解な法律用語も分かりやすく噛み砕く必要もあります。
今回最終弁論を作るにあたっても,その点に非常に気を遣いました。

今日の,最終弁論では,裁判官・裁判員等に配布する資料の他,事前に読み上げ原稿を作った上で,声のトーンや話すスピードををコントロールしたり,あえて間を作って聞き耳を立てさせたり,要所要所で身振り手振りや動作を交えたり,アイコンタクトを多用したりして,できる限りの工夫をこらして約40分間弁論をしました。
裁判員の方々も,度々頷きながら聞いてくれていたので,そんなに悪くなかったんじゃないかと(勝手に)思っています。

今回やってみた感想としては,準備が大変でムチャクチャに疲れる・・・
でもすごく楽しい!!
近いうちに,是非またやりたいと思いました。

とりあえず,溜まった疲れを取りながら,来週の判決を待とうと思います。


先ほど,お祝いメールをいただいて,初めて気づいたのですが,今日で事務所開設3周年となります!

思えば,3年前事務所を立ち上げたときは,1割の期待と9割の不安で一杯でした。
既に若手弁護士の困窮が叫ばれて久しかったこともあり,1年くらいお客さんが誰も来なかったらどうしようとか(普通に考えれば,そんなことない。。),貯金が底をついたらどうしようとか,まあ,独立して自分で事業を始めた人間なら誰でも不安に思うことばかり考えていました。
当然のことながら,3年後の自分なんて想像もできませんでした。

蓋を開けてみたら,この3年間仕事が途切れることもなく,事務所の経営面を不安に思うことは,ほとんどなくなりました(それでも,漠然とした不安は常にありますが。)。
これも,元・現依頼者の皆様,事件を通じて知り合った方々,友人達,他士業あるいは同業の先生方,裁判所そして弁護士会等々,沢山の方々のバックアップがあればこそだと思います。
3年前には想像もしていなかったところからお仕事をいただくことが度々あり,この仕事,本当に人とのつながりが大切なんだと痛切に感じています。
この場を借りて,皆様に厚く御礼申し上げます。

開業にあたって,司法修習時代の恩師から,「とりあえずは,今ある案件を,1件,1件,大切にやっていって下さい。」というお言葉をいただきました。
この3年間,至らないことも多々ありましたが,そのお言葉だけは守って来られたかなと思います。
これからも,広告等を出さず(さすがに,そろそろ看板は出そうかなと思いますが。。),いただいたお仕事を1件,1件大切にやっていき,無事5周年を迎えられるように頑張ります。

引き続き,ご指導・ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。












昨日,フォントを大きくして,ブログをアップしたところ,今度は,改行が見づらいとのご意見(既に修正済み)をいただきました^_^;
そのため,今回は,あえて,1文に改行を入れずに書いてみようと思います。

さて,今年の1月1日に,かぞえ年で44歳となり,ようやく後厄を抜けました。

厄に入る前は,「厄年なんて(フンッ)」とバカにしていたのですが,3年前に前厄に入った辺りから,体力が目に見えて落ちていったり,腰痛が出始めたりするなど,明らかに体の様子がおかしくなり始めました。
それまでは,睡眠時間を削ってバカみたいに働いても,何とかなっていたのですが,ちゃんと睡眠を取らないと,体がもたなくなってもきました。
極めつけは,本厄真っ只中だった,一昨年の夏の胆石症・・・(T_T)
昨年の健康診断では,肝臓の数値が少し高かったし。。。

やはり,40歳を過ぎるころになってくると,人間の体に変化が訪れるのは間違いないみたいです。。
「厄」という言葉の持つ,何かこう超自然的な表現が気に食わないこともあり,バカにしきっていたのですが,やはり昔の人の経験則というか知恵は,侮れないものがありますね・・・

思えば,ここ数年,特に独立開業してからは,休みも満足に取れず,運動もろくせず,健康に良いことは何もない毎日を送っていたと思います。
これで,よく今まで体を壊さずにやってこれたものです。

今年のお正月に,あまりにも自分の体力が落ちていることに愕然とし,平成27年の目標を,「継続的に運動すること」と決め,軽い運動を始めました。
すると,1月中旬になるころには,姿勢は良くなってくるし,疲れにくくなってくるしで,メキメキと効果が現れ始めました。
昨年は,あれだけ朝起きるのが辛かったはずなのに,最近は目覚ましの鳴る前に起き出してしまうほどです\(◎o◎)/!

無事(でもないか?)に厄を抜けたとはいえ,放っておくと衰える一方の体ですので,これからも体を動かすよう注意していこうと思います!!


でも,せっかく久しぶりに2日連続で日記更新したのに,2日とも何か不健康自慢みたくなってしまいました^_^;














やはり,40歳を超えたせいか,同世代の友人達から,「PCで見ると,ブログの字が小さくて読みづらい!」というクレームをいただくようになってしまいました^_^;

なので,今後は,このサイズのフォントで書いていこうと思います。
ただ,私のブログって,比較的字数が多い方なので,スクロールの嵐になってしまわないか,ちょっと心配です(既に,まだ枕にもかかわらず,結構な量に見えてしまいますね。。)。

あっ,ちなみに,私は,まだ老眼は入っていません。むしろ,ここ数年近眼が進んでいるくらいです。

というわけで(?),今日は,目にまつわるお話です。

実は,一昨年の年末あたりから,ドライアイがひどくなり(結構前から目が突っ張られるような気がしていましたが・・・),定期的に眼科に通院し,点眼薬をいただいています。

先日も診察してもらったところ,お医者さんから,眼球の奥にある視神経乳頭に凹みが見られると言われました。
「視神経乳頭陥凹」というそうですが,緑内障の場合によく見られる症状らしく,視神経乳頭が眼圧に負けて,凹んでしまっている可能性があるそうです。
眼圧は正常数値なのですが,眼圧が正常でも緑内障の場合もあるそうです。

近眼による場合もあり,必ずしも緑内障というわけではないそうですが,念のため,次回診察のときに視野検査を受けることになりました(緑内障だと,視野が徐々に狭くなっていくそうです。)。

実は,緑内障の疑いがあると言われたのは初めてではなく,2年半前にも同様に視野検査を受けたことがありました。
このときは,検査の結果視野に全く異常が見られず,むしろ,検査をしてくれた
方に,普通の人より視野が広いくらいだと笑いながら言われましたが。。。

いずれにせよ,弁護士は,みなさんが想像される以上に,PCに向かっている時間が長く(ひどいときになると,1日15時間くらいPCに向かうときもありますから・・・),目に対するストレスはものすごいです。
私なんぞ,若いころあんなに大好きだった読書を,全くしなくなってしまったほどですからねえ。。

これからは,ちゃんと定期的に検査を受けて,異常を早く見つけるようにしようと思います。
目が悪くなったら,全く仕事にならなくなりますから。

スマホが普及して以降,より一層目に対するストレスが増えてきた気がします。
みなさまも,十分に目を休ませるようお気をつけ下さいね!



久々の更新が事務連絡となってしまい,申しわけございません<(_ _)>

年末年始につきましては,誠に勝手ながら,
下記の期間を休業させていただきます。

平成26年12月27日(土)~
平成27年1月5日(月)

本年も大変お世話になりました。
また,来年もよろしくお願いいたします。
皆様,良いお年をお迎え下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。